FC2ブログ

耐震補強工事最終段階!

今日から 耐震補強工事の最終ヶ所の工事が始まりました

KIMG0499.jpg

押入の中と 床の間です

先ずは解体して 柱・土台・梁をあらわにします

その後 補強をしていくのですが、昭和56年以前の建物の場合

金物がほとんど付いていません。

基礎に土台を固定する金物もあったり無かったり

アンカーボルトの無い部分に新たにアンカーボルトを設置します

新築の場合は 基礎のコンクリートを打つ時に 金物を固定して

コンクリートを流し込み固めて固定します

しかし リフォームの場合は基礎が固まってしまっていますので

後付で アンカーボルトを設置していきます

大きな力がかかる場所なので 基礎に確実に

固定できなければいけません!

そこで活躍するのが ケミカルアンカーという接着剤

KIMG0500.jpg

このガラスの容器の白とオレンジの中には別々の液体が入っています

ケミカル

先ず 土台から基礎にかかるまで 穴を開けていきます

そして その中にケミカルアンカを投入し アンカーボルトを

差込 上から叩きます

すると 中のケミカルアンカーの容器が割れ 2つの液体が混ざる

ことで化学反応を起き、アンカーボルトを固定します

以前 基礎を補強したエポキシ樹脂と同じです

詳しくは 2015.06.08「エポキシ」 をご覧ください

KIMG0501.jpg

KIMG0503.jpg

KIMG0504.jpg

後は24時間待って アンカーボルトが固定されたら ナットを締めて

アンカーボルトの設置完了です

次は筋交いを入れていきますが 本日はここまで


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR