FC2ブログ

新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証について

今まで 昭和56年以前の木造の建物に対し 国や県は補強工事を

薦めてきました。

耐震化率は昭和56年以前の建物では 約50%になり、建物全体の

耐震化率は80%を越えました。

昭和56年以前の建物の割合は全体の 25%強。残りの75%は

昭和57年以降の建物になります。

しかし 以前もブログ(地震と耐震基準法改正)でお話しましたが

大きな地震が起こるたび 建築基準法は改正されてきました。

昭和56年以前の建物は 昭和34年の建築基準法の改正からの

基準で建てられています。その後 昭和53年の宮城沖地震を経て

新耐震基準へと変わります。そして阪神淡路大震災の後 平成13年

(2000年)に建築基準法の改正がありました。

そして今2016年の熊本地震では 昭和57年以降~平成13年まで

の建物(新耐震基準とよばれる基準で建てられた建物)の倒壊が多く

見られました。

そこで、国交省は 新耐震基準の建物の耐震性の検証をし、補強を

薦める方針になりました。

耐震性能の検証方法については 所有者やリフォーム業者による

簡易チェックになります

taishinn_2018022317591755e.png
クリックすると大きくなります

チェック方法や資料等は下記のリンクを参照にしてください

国交省の発表で 昭和56年以前の建物の 耐震補強補助金の

上乗せや精密診断~耐震補強工事までの流れをスムーズに

するなどの決定がありましたが、新耐震基準に対しては補助金

の予定はありません。

しかし、大切な命を守るために この耐震性のチェックだけは行っておく

必要があります。

新耐震基準の建物にお住まいの方はチェックして下さい!

補助金が無いので 大変ですが、部分補強やシェルター(補助金有)等

解決策もあると思います。

チェックシートでのチェックが難しい

判らないとお思いの方はご相談下さい。

チェックシート
bana-_20180223181227bab.png

国交省の発表はこちら ↓

http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000662.html

国交省 リーフレットはこちら ↓

http://www.mlit.go.jp/common/001184897.pdf

新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法はこちら ↓

http://www.mlit.go.jp/common/001184898.pdf
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR