FC2ブログ

基礎打設

本日は 先日に引き続き車庫内の耐震補強工事になります

150916_113710.jpg

耐震工事-2

この部分の補強工事です。

ここには 新しく耐震壁が設けられますが、何もない部分に耐震壁を作ります

ので基礎工事からになります

住宅の基礎(布基礎)は土を深く掘り フーチングという基礎を沈みにくくする

為の部分を打ちます

kiso.png
木造住宅工事共通仕様書より転写

耐震補強工事の場合は 基礎を打つ場所の広さ等フーチングまで打てない事が

多いので 今ある基礎に新しい基礎を足していきます

kiso2.png

このような形で打って行きます。ただし、ただその場所に打って行くのでは

打った基礎が倒れれば耐震壁の意味が無くなります。ですので、横の基礎に

接続しなければなりません

基礎

地盤が土の場合は土をある程度掘り地中から立ち上げます。

古い基礎に鉄筋を打ち込み 新しい基礎の配筋と緊結(針金で固定)します。

基礎2

基礎を打つ場所が土間などのコンクリートが打ってあった場合は 横の基礎と

土間にも鉄筋を打ち込み主筋とし、横筋と緊結します

150916_113742.jpg

配筋が完了したら、既定の大きさに型枠を組み コンクリートを流し込みます

150916_143823.jpg

上に飛び出ているのは「アンカーボルト」と言い。基礎と土台を固定する金物に

なります。

後は コンクリートが乾いたら型枠を外し 土台~柱・筋交いの施工です

150916_154427.jpg

今回基礎の打設を行ったのは お隣の左官屋さん(御年83歳)

その足で、先日玄関サッシの交換を行ったH様邸のレール下のモルタルの施工

元気でパワフルでおしゃべり好きな職人さんです

今日はH様と 「和菓子LOVE」な話でガールズトークのような盛上りでした


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR