FC2ブログ

車の運転について考える

山清片山では建材や木材のお届けやお客様との打合せ

現場調査等 車を使うことが多い会社です

物流課にいたっては 毎日配達があり毎日運転をしています

私もほぼ毎日運転をしています

通勤もそうですが、打合せや現場管理、搬入などで軽トラを

運転しています。

そこで、毎日 思うことがあります。

交差点での信号無視の多い事です。

道交法では赤信号では交差点の親友は禁止されており

黄色信号は安全に停止できない場合以外は【停まれ】です

黄色になりそうな時に 急にスピードを上げて交差点を通過したり

黄色から赤になった後でも 侵入したりする車がとても多く

目につきます。

「車の運転中に黄色から赤に変わる時の止まるタイミング迷う時

ありますよね?」

この文章はネット上での相談箱に投稿されていました。

こういう相談をするという事は 黄色信号はススメだと思っている

ということでしょうか?

確かに 黄色信号で侵入しても場合によってはお咎めは

ありません。黄色信号で無理にとまると後続車に追突されることも

あります。

矢印のない交差点での右折待ちの時、黄色や赤になってからも

侵入する車が多いため、赤になっても右折できない時

ありませんか?

運転手が 全員黄色信号で止まることを心がければ 後続車が

追突することもなく、赤信号で右折することもなくなります。

ルールを守る運転の考え方が今、これを読んでいる方から

広がっていくといいなぁと思います。

後、ひどい運転と思う事2つ

① 二車線ある道路の右側の原付の走行

② 自転車の逆走。自転車通行可の歩道でのオラオラ運転

色々思うことありますが、どうにかするには一人ひとりの意識の変化か

厳しい警察の取り締まりでしょうね~



スポンサーサイト



プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR