FC2ブログ

なかなかブログの更新が出来ていない今日この頃

ですが、もちろん現場は着々と進んでおります
2017053020.jpg

2017053022.jpg

外部ではアラシが進み 屋根の板金も進んで来ています

2017053004.jpg

2017053104.jpg

一方 内部では電気の配線が蜘蛛の糸のように張り巡らされています

2017053101.jpg

同時に音響の工事も行われて・・・

見慣れないキカイが

住宅でも ZEHだの HEMSだの LANだの 光だの 日々覚えることだらけ

日々勉強ですね


スポンサーサイト



単位:バンドル

山清片山はドア等の新建材やプラスターボード

そしてキッチンやトイレなどの住設商品など 様々な住宅の材料を販売しています

もちろん 創業以来の木材や合板などは倉庫にストックしております

ストック用の木材や合板は 大量に仕入れを行いますが その時に使う単位が

「バンドル」という単位

知っていますか?

バンドルは 束ねたものの単位になります

バンドル

この様に PPバンドで束ねられた物を 1バンドル と呼びます

この バンドを切ってバラ単位になると 聞きなれた「枚」になります

木材も同じで PPバンドで束になって入って来ます 

同じように バンドを切ってバラ単位になると木材は 「本」 になります

「バンドル」は私も 山清片山で初めて知りました

このバンドル発注をすると 合板の側面に 販売元の会社名が印字されてきます

バラにすると インクが付いているように見えるこの柄は バンドルの時には

キチンとした文字や柄になります

2017052502.jpg

こんなかんじ

2017052503.jpg

住友林業のキャラクター きこりん カワイイですね

という 今回は 単位:バンドルのお話でした


外壁下地施工中

最近リフォーム物件の ブログが続いていましたが

もちろん 教会の新築工事も着々と進んでおります

2017052301.jpg

外壁は 塗壁「そとん壁」で仕上げるため下地には アラシと呼ばれる板を斜めに

施工していきます。

この「そとん壁」は自然素材の外壁材で 九州桜島のシラス台地(皆さんも

学生の頃に習った記憶があるのでは)のシラスを利用した塗壁材です

詳しくは こちらの「高千穂シラス」HPをご覧くださいね

http://www.takachiho-shirasu.co.jp/

本題に戻って・・・

大工さんの手で丁寧に貼られた アラシ キレイですね

2017052303.jpg

中から見ると こんな感じ

キレイで このままでも素敵だな~なんて考えてしまいました

2017052304.jpg

同時にバルコニーでは 防水工事が行われています

だんだんと 形になっていき、完成が楽しみですね



白蟻撃退!

先日のお風呂の枠を白蟻に食べられてしまったお宅

本日 シロアリの薬の散布です

シロアリが出たのは浴室まわりの一部のみでしたが、話を聞くと平成3年に建てた後

シロアリの薬はやっていないとの事・・・既に26年経っています

シロアリの薬の効果は約5年です。昔は10年という薬が主流でしたが、人体や

自然(土壌)への影響から5年の物が主流になりました

シロアリの薬の散布の方法は 業者さんが薬のタンクを背負い 床下へ潜り

霧吹きで散布するイメージですが

今回は

2017052201.jpg

こんな機械を使用します

2017052202.jpg

上からのぞくと 床下には泡がいっぱい

この機会を シロアリの薬を泡にして 床下にどんどん送り込んでいく機械

室内の漏れは無いかこまなく見ながら 泡を送り込んでいきます

その部屋の床下に 泡が充満すると通風口から 泡が出てきます

2017052205.jpg

泡が出てきたら 通風口にフタをします

2017052206.jpg

今回は 増築している為一方から泡が届かず 増築部分の床下収納庫からも

泡を投入

2017052207.jpg

これで 床下に隈なくシロアリの薬を散布できました

次は浴室の壁の中

2017052209.jpg

タイルの目地に 小さな穴を開け薬を入れていきます

次は大工さんの出番

浴室の枠の交換です

2017052211.jpg

解体してみると 枠のあった 下の部分が食べられています

2017052210.jpg

2017052213.jpg

中の木片にはまだシロアリがうごめいています

シロアリやさんに この部分を霧吹きで重点的に散布してもらい

傷んだ部分を交換し 樹脂の枠を付けて出来上がり

2017052216.jpg

2017052217.jpg

シロアリに食べられていた 部分もこの通り

今回の原因は 浴室引戸サッシのビス穴から 水が浸入していました

長い年月をかけて 徐々に侵入し中の木を腐食していきました。

そしてビスが効かなくなり、外れてしまいその穴から 水が入いり、そこに

シロアリが発生したとの見解です

まあ、シロアリの薬は散布したし、傷んだところもビス穴も処理したので

これで大丈夫でしょう

浴室枠の補修依頼

本日お客様より 浴室ドアの補修依頼が来ました

訪問し見せていただくと・・・

2017051501.jpg

こんな感じで傷んでしまっています

この感じは シロアリですね

白蟻は水気のある木材が大好物です

これは 大変です

放っておくわけにはいきません。

これは シロアリ大好き防蟻屋さんにお願いしなければ

補修や防蟻のお話は また・・・



雨漏り屋根の補修

先日 お客様より「納戸が雨漏りしている」との一報が

雨漏り箇所を見せてもらうと 洋服も布団も塗れてしまっています

これは大変です

屋根を見てみると

2017041901.jpg

こんな感じでサビサビになっています

しかし雨漏り箇所を見ても 穴が開いている訳ではありません

しかし その部分の波板が凹んでいます

屋根の勾配が緩すぎるため 凹んだ部分に水が溜まりビス穴から水が浸入して

しまっているようです。

方法としては 屋根を塗ると共にビス穴をコーキングで埋めていくか 新しい屋根

にする方法とありますが、コーキングをして一時的に止めても 2,3年後にまた

コーキングが切れて また雨漏りするかのしれません

と いう事で今回は既存の屋根の上に重ね貼りする事に

2017051001.jpg

先ず 屋根のお掃除。ブロアーでホコリを落としていきます

2017051008.jpg

既存の屋根の上に下地を打ち 新しい波板で仕上げます

2017051014.jpg

屋根を貼った後は外壁戸の取り合いの収めです

2017051103.jpg

新しい外壁を貼った様子。もう雨の侵入口はありません

2017051104.jpg

完成です

最後に写真を見せて 説明させていただきましたが

これで大丈夫と大変喜んで下さいました


教会の進捗状況

本日は教会での打合せです

電気屋さんと音響やさん 設計士さん そして山清片山です

工事もだいぶ進んできました

屋根はルーフィング(屋根の防水シート)が敷かれ、もう少しくらいの雨が降っても

大丈夫です

2017050817.jpg

2017050818.jpg

段々と形になってきました

2017050809.jpg

2017050816.jpg

筋交いも入り、金物も付いています

4月末には教会の皆様が集まって 厳かに建前式が行われました

2017043005.jpg

教会の皆様も楽しみにしているようです。

頑張って仕上げねばと 気が引き締まりましたね


プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR