FC2ブログ

鳥取地震

21日に発生した 鳥取地震では各地で大きな被害をもたらしました。

今だ余震が続き眠れない日々を過ごしていると思います。

今回の地震で被災した方々に心よりお見舞いを申し上げます。

さて、この鳥取地震の原因ですが 「断層地震」の見解は同じなのですが、

未知の断層や新しい断層等の見解が様々です。

なぜ、「未知」や「新しい」と言われているのでしょう?

鳥取断層

この図は気象庁より発表された「2016 年 10 月 21 日鳥取県中部の地震の評価」

から転写したものですが、鳥取県の活断層の位置と危険度を示したものになります。

図にもある様に今回の震源地には活断層の線が表示されていません。

活断層の調査は産業技術総合研究所、国土地理院、海上保安庁、文部科学省

などが分担して調査しており、その他様々な機関で独自での調査を行っています。

調査の方法は

①空中写真判定・・・上空からの写真で地面のズレを専門家が分析します。

②ボーリング調査・・・地面に杭を打ちこんで サンプルを取り地層のズレを観測

③物理探査・・・人工の地震波を発射し、地下からの反射波を受信して地下の構造を

          調べます

④トレンチ調査・・・トレンチ(溝)を掘り、地層を露出させて調べる方法です。

他海底活断層調査などがあります。

どの調査についても、少しづつ調査を進めてはいますが、日本全国の全断層を

把握するには時間がかかります。

国土地理院

国土地理院のホームページでは調査済みの地図を閲覧することが出来ます。

国土地理院2

これは 富士川の河口付近の地図ですが 断層の位置(赤い線)が確認できます

詳しくは こちらの「国土地理院HP」と 断層地震の詳しい説明の「手引書」を

ご覧ください

国土地理院 都市圏活断層図

都市圏活断層図 利用の手引き

誰でも 活断層の上や付近に 家を建てたいとは思いません。

しかし、今回のように活断層図で表記されていない「未知の断層」や「新しい断層」

までは把握することが出来ません。

今、私達が住んでいる場所の直下にも断層があるかもしれません。

そんな事を 頭の片隅に入れつつ日頃の 災害用の備蓄の用意や 家族での

話し合い、そして家の安全性を忘れずにしていきましょう!


地震に関する上方はこちら文科省の地震調査研究推進本部事務局からも

見る事ができます。

地震本部


スポンサーサイト



プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR