FC2ブログ

雨漏り調査

今日は お雨漏りでお困りの お客様からの調査の依頼で

2回目の雨漏り調査です

P1000001.jpg

雨はこの1階の和室の鴨居の角から染み出てきます。

雨漏り調査は、雨漏り箇所から雨水の侵入している場所を予想して そこに

ホースで水を掛けていきます。2人一組で行い一人が水を掛ける役。もう一人は

水が入って来るか確認する役です。

場所により 天井裏まで入って行って確認する場合もありますが、今回は1階の和室。

押入れ(天井点検口がある)から近ければ覗いて確認しますが、距離が離れて

いるので鴨居部分まで水が出てくるのを待ちます。

水をかける時は、浸透カ所より上の場所でアヤシイ部分を下から順にホースで

水を掛けていきます。

1回目に行ったときは、この窓の庇下から順に庇上、その上のルーフバルコニー

の床、笠木⇒手摺とかけていきました。

その時は水が出ず、帰社した後「水が出たよ~」とお客様から連絡がありました。

お客様が、庇に水をかけた時に出て来たとの事。

早速 庇周りをコーキングしましたが、バルコニーからの水がタイムラグで出てきた

可能性もあります。

案の定 次の雨でまた 雨漏りがしたそうで 今回の2回目の調査になりました。

早速 水を掛けての調査です

P1000002.jpg

下から順にかけていきますが、今回も全く出ません。

雨はいったいどこから入っているのでしょう・・・

壁を解体して調査する手もありますが、費用も多くかかってしまいます。

早急に対処しなければいけない場所の場合は そう言った対処もするのですが

今回は微量な雨漏りの為、毎日雨が降らない限り構造に影響はないと判断。

1カ所1カ所潰していく方法を取りました。

今回の調査で 水が出なかったので、次回は少し違った場所から水をかけての

調査になりますね。


建方チーム頑張ってます!

今日は度々 アップしている建方チームのお話です

建方チームでは只今清水区で施工中

2016100516150001.jpg

これは先日 建前をしたA棟

2016100516150000.jpg

そこから~ 土台敷きが完了して建前を待つばかりのB棟

2016100516140001.jpg

基礎が完了して 土台敷き待ちのC棟

2016100516140000.jpg

奥の2つは 基礎工事中のD棟、E棟です

追っ掛けで5棟建築中です。

基礎工事から木工事までの過程を同時に見ることが出来る おもしろい現場

ですね

2016100516110000.jpg

そして この物件では「澄家(すみか)」を採用しています。

澄家とは 第一種熱交換型セントラル換気システム(←ムズカシイですね 

sumika_20161006090639a3f.png

こんなかんじですね~。家中の空気をこの床下の機械で制御するんです

2016100516110001.jpg

しかし いつ見ても何かのキモチ悪い生物みたいです

こんなの ↓

umigumo.png


高性能なんですけどね・・・

まあ、とにかく 清水で追っ掛け建方作業中のレポートでした~


火災報知機のコト

今日のYahooニュースに「火災報知機設置の義務から10年」という

記事がありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161005-00000007-mai-soci
<Yahooニュース>

そうなんですね~。もう10年もたつんだね~

等と感傷に浸っている場合ではないのです!

皆さんは家に設置してある 火災報知器どうしていますか?

点検をしたことがありますか?

Yahooニュースによると火災報知器の設置が義務付けられてから

火災の発生が4割減少。

火災での死亡者数は設置していなかった住宅と比べると2/3におさえられて

いるそうです。今では8割以上のお宅で火災報知器が設置されていますが

火災報知機の寿命は10年なのだそうです。

10年経ったら電子回路の劣化や電池切れで、イザという時に鳴らない

なんて事が

10年経った火災報知器は交換をお勧めします

トリかえる


10年経過していない火災報知器でも 1年に1度は点検をしてくださいね

ところで この火災報知器。

どんなモノをいくつ設置していますか?火災報知器の設置場所は各市町村で

違ってきます。静岡市では全寝室と階段(寝室が2階以上の場合)に設置が義務

づけられています。

キッチンやリビングへの設置は義務ではありませんが、付けた方がイイですね

1階にリビング、キッチン、浴室。2階に寝室や子供部屋という配置が一般的

ですが、寝室と2階の階段の天井では 1階で火災があった場合に煙を感知して

最初に鳴る警報機は2階の廊下です。

この時 もしかしたら1階部分は階段を降りることが出来ない程 燃え広がって

いるかもしれません。

今の火災報知器は 連動型は当たり前。耳の不自由な人の為に連動でぃて光で

お知らせや、インターホンから外部へお知らせ、警備会社のものであれば、火災を

感知したら警備員がすぐ駆けつけます。

火災報知器1
<Panasonic HPより転写>

火災報知器2
<能美防災株式会社HPより転写>

このように連動型にすれば、まんがいち1階で火災が発生した場合でも 全ての

火災警報器が連動して鳴りますので、いち早く通報や避難が出来ます。

絶対 おススメです

そしてその火災報知器ですが、煙式と熱式があるのを知っていますか?

間違った場所に設置すると誤作動が起きたり感知しなかったりする場合が

あります。

煙が出るキッチン等には 熱感知器を設置します。煙感知器を設置した場合

調理中の煙などで誤作動を起こします

そして カラーも和室の天井でもマッチするようにベージュのものもありますよ

火災報知器3
<Panasonic HPより転写>

最後に連動型を設置する場合は 必ず同じメーカーの同じ機種の 親機1台と

子機を設置する場所分お求めください。

一番大切な事は

全ての子機を 親機に登録をしてから設置して下さいね 

詳しい事や 連動型警報器を設置したいという方は ご連絡ください


Panasonic 住宅火災警報器の詳しい情報は こちら ↓
http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/ha/jukeiki/

能美防災の火災警報器の詳しい情報は こちら ↓
https://www.nohmi.co.jp/jukeiki/products/radio_index.html

警備会社のアルソックの詳しい情報は こちら ↓
http://www.alsok.co.jp/person/homealsok/

火災報知器4
一般社団法人 日本火災報知機工業会 スペシャルサイトへGO!


ハウステックイベント終了しました。

10月1日と2日の土日で開催いたしましたハウステックイベント

無事に終了しました。

当日ショールームにお立ち寄り頂いた沢山のご来場者様

ありがとうございました

輪投げには小さなお客様が沢山訪れ楽しんでくれていました

2016100116440000.jpg

結果は2日間で82組181名のお客様が来場してくださいました。

また 楽しいイベントを開催しますので お楽しみに

ご協力くださいました ハウステックの皆様、山清片山の皆様

そして 何より

会場に訪れて盛り上げて下さった 沢山のお客様に感謝感謝です

ありがとうございましたm(_ _)m



プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR