FC2ブログ

断熱工事のこと

このところ急激に寒くなりましたね

昨年は2種類の断熱工事を行わせていただきました

30年程前の住宅では 今ほど断熱断熱と言われていなく あたたかい静岡市

では、断熱材の入っていない住宅が多くありました。

断熱材が入っていても外れてスカスカだったり、薄かったりあまり重点を置いて

いなかったように思います。窓に関しても昔はアルミのサッシに1枚ガラスの

仕様が殆どです。

では どこをどリフォームしたら断熱効果が得られるのでしょう

冷気が逃げていくトコロの大きなものは 図のように

熱
資源エネルギー省HPより転写

窓が48% 外壁19% 床が10%となっています。これは窓が直接外気に

接触している場所でアルミ・ガラスは熱を伝えやすい部材の為です。

一方 夏は窓が71% 壁13% 屋根9%となっています。やはり窓が一番

大きいのですが、これは窓からの日射による熱をガラスが通してしまうため

になります。また、屋根の数値が大きい部分も日射により屋根の熱が室内に

伝わる為になります。

つまり この窓・外壁・床・屋根に断熱を施せば良いのです

熱2
資源エネルギー省HPより転写

では断熱の方法についてお話します。

一番 問題の窓

窓ごと交換する事も出来ますが、外壁がモルタルやサイディングの場合

大掛かりな工事になってしまいます。

そのような場合 窓のレールの上にもう一つレールを取り付ける「カバー工法」

カバー工法
YKK HPより転写

窓の内側に窓をもう一つ設置する「内窓」があります

内窓
YKK HPより転写

これで 窓からの熱の伝達は防ぐことができます

この時 夏の暑い日差しも遮断したい場合は、ガラスを「遮熱Low-Eガラス」に

しましょう

次に壁の断熱です。

壁の断熱工法も様々ありますが 先ずは断熱材付ボード施工でお話します。

一般的に断熱工事とは室内の壁を開けて断熱材を入れる「充填断熱」と

外部の壁を外して断熱材を貼る「外貼り断熱」等があります。

今回の「断熱材付ボード」は石膏ボードの裏側に高性能断熱材(フェノール

フォーム断熱材)を貼りつけたもので、現在ある壁に直接設置する事が出来ます。

ネオマボード

ネオマボード2

これによって 施工日数、施工費用が抑えられ断熱したい場所のみの施工も

簡単に行えます

(注意:一部屋のみ施工の場合ヒートショックのリスクが高まります)

そして 一般的な「充填断熱」ですが。この方法は内側の壁から断熱材を入れる

事になりますので、壁を剥がさなければなりません

151113_111107.jpg

151116_084954.jpg

このように断熱を施工したら 元のように壁を貼りクロスを貼って仕上げます

今年 施工したI様邸では 外壁に面する壁・天井に100mmのグラスウール

床に45mmフェノールフォーム断熱板、窓を複層ガラスのサッシに交換しました。

I様 「ほんとうに あたたかくてよかった。毎年朝起きてこの部屋に入るとヒヤッと

してて、暖房付けても温まるまですごく時間がかかって寒かったけれど、やって

良かったよ。」とおっしゃっていただきました

そして、外断熱と内窓(遮熱Low-Eガラス)で施工したH様は「家の中が本当に

あたたかくて シャツ1枚でいても寒くないよ。暖房の温度も22度にしてLDKの

エアコン1台で2階まで暖かいよ。」といただきました

断熱工事は冬の寒さばかりでなく夏の暑さも遮断します。家の中が寒いな~

朝起きると家の中でも息が白い等の方は断熱工事お勧めします

工事費はかかりますが、確実に今後の光熱費や医療費等が少なくなります

断熱工事 相談したい方は やませいリフォームまでお問い合わせください


資源エネルギー省 省エネ・断熱に関する情報はこちら ↓
http://www.enecho.meti.go.jp/category/

断熱材付ボード「ネオマボード」の情報はこちら ↓
https://www.asahikasei-kenzai.com/akk/insulation/

YKKの内窓・カバー工法・断熱窓に関する情報はこちら ↓
http://www.ykkap.co.jp/search/#!window


スポンサーサイト



イベントのご案内

明日 1月30日(土曜日)はタカラスタンダード静岡ショールームにて

「新築・リフォーム相談会」のイベントが開催されます

takara_20160129172912dc6.png

takaraU.png

来場プレゼントもありますので 是非お立ち寄りください

そして 翌週2月5日(土曜日)・6日(日曜日)

「ウルトラ THEキッチン・バスフェア」が開催されます

cleanup_20160129172907ad0.png

cleanupU.png

今回はなんとからあげ専門店のから揚げがご来場プレゼントと

なります

どちらも楽しいイベントになると思いますので キッチンやお風呂を見ながら

遊びに来て下さいね


駐車場解体工事

今日からI様邸の駐車場解体です

先ずは カーポートや物置の上物から解体していきます

160128_090829.jpg

160128_093421.jpg

ビスを一つ一つ外していきます。錆びて外れないビスはバーナーで焼いて

外していきます

160128_101740.jpg

160128_105849.jpg

次にブロック塀を解体。

160128_110651.jpg

そして いよいよ大物の出番

ユンボの到着です

コンクリートを斫る(はつる)場合 細かい作業や少量の場合は人力で行います。

が、大規模な斫りの場合は ユンボの先に油圧ブレーカーを取付け斫ります

油圧ブレーカー

こんなのです。

昼食後 2時間ほど事務作業をしている間に 土間の斫りが終わってました

160128_161559.jpg

そして そのままユンボくん大活躍です。次は樹木の伐採です

庭木はまた植え替える場合は「造園屋」さんに頼んで「根廻し」という作業を

行います。先に樹木の周りを掘り、根をカットしてまた土をかけます。

そうする事で カットした根に細かい根が生えてきて そこから栄養分や水を

取ることが出来、植え替える事が出来るのです。

今回は 植え替えませんので ユンボでバッサバッサ行きます

160128_161609.jpg

160128_162038.jpg

アッという間に抜き取られていきます

160128_163646.jpg

160128_165544.jpg

今日は ここまで

トラロープとセーフティーコーンでバリケードを作り本日終了


外溝墨出し

明日から 外構工事に入るI様邸

今日は明日の解体に備え 墨出しです

職人さんが施工する時に平面的に 印をつける作業です

150316_155723_20160127191038e66.jpg

大工さんが床を貼る前に 捨て貼り(床材の下の板)に印をつけてありますが

この印を付けるのを 墨出し といいます

この印は メジャーや差金(定規)、レーザーレベルで測った場所に「墨ツボ」で

付けます

墨ツボ

こんな形をしています。丸い所に墨を入れて 先を引っ張ると墨の付いた糸が

出てきます。先を印に固定して糸を引っ張ります。

最後にその糸を指でパチンと弾くと 糸に付いた墨が付き印が出来るのです。

墨ツボ2
wikipediaより転写

この写真は古い墨ツボ

日本古来の道具という訳ではないのですが 法隆寺の時代(飛鳥時代)には

使われていたそうですね

160127_152936.jpg

こんな感じで コンクリートの上にも印が出来る 中にチョークの入ったもの

(チョークライン)もあります

このように 印を付けて明日 解体屋さんに印の場所を解体して貰います

ここには カーポートの足が設置されます

160127_154448.jpg

そして こちらはアクセント柱が設置される場所

160127_152953.jpg

I様も 頑張って倉庫の中を片付けてくれました

明日から解体です

どんな風に進んでいくかは お楽しみに


水道管の凍結の事

先日 記録的な寒波の影響で沖縄でもミゾレ(雪と記録するらしいが・・・)が

降り、鹿児島など南国と呼ばれる場所でも積雪がありましたね

今回の寒波で被害に合われた方々 心よりお見舞い申し上げます。

しかしこんな 気象の中 静岡県はとても寒かったのですが降雪が無く、

つくづく温暖な地域だなあと実感しました

静岡ではめったに雪は積もりません。それでも だいたい20年に1度くらい

の割合で積もりますが

yuki.png
静岡新聞より転写

そんな静岡で雪が降ったら 火とも車もテンヤワンヤになります

今回の寒波で 吸収では水道管が凍結。破裂し断水状態が続いたそうです。

なぜこのような事になるのか?雪国の水道は凍らないのか?

と思いますよね

そもそも 水道管が凍り破裂する現象。

水は凍ると体積が増えるのはご存知ですよね

水道

水道というのは 水圧を利用して蛇口から水を出しています。家の水栓はみんな

位置が高いので圧力をかけて水を出しているのです

この図の水色の部分は全て圧力がかかっていますので水道管の中は常に

水がギュウギュウに入った状態です。

家の近くまで引込む給水管は地中に埋まっています。地面には地熱があったり

直接の冷気に触れない事から この部分が凍る事はありません

Bのルートも同じです。地中から宅内まで引き込まれていますのでこちらも凍る

事はありません。

しかし、外の立水栓や 築年数の経っている家に見られる水道管は外気に

さらされています。(A)

この外気にさらされた部分の給水管(以前は鉄管が多い)や蛇口には水が

ハンドルまで入っています

水道2

この外気にさらされた水が凍るのです。そして凍った水は膨張し水道管を破裂

させてしまいます。凍結を防止するには、この露出部分(ハンドル付近も)に保温材

や布を巻いて凍結を防具様にしましょう。

ここまでの話は 静岡基準で話をさせていただいています

そして 寒冷地ではと言いますと、外の水栓ばかりではなく家の中の水栓も

凍ってしまうそうです←スミマセン 静岡県外の暮らしをしたことが無いので

知識だけでお話させていただきます。違ったらご指摘ください

家の中の水道も凍る?ではどうするのでしょう?

寒い地域の水道には「水抜き栓」というものが付いています

水抜き2

水抜き

水抜き3

室内のハンドルタイプ、電動式のタイプ、外のタイプ様々あるようですが 用途は

宅内に入る部分で水道を遮断して、凍結を防止するのです。

水抜き4

すごいですよね

地中に水道管は1m以上掘って埋めると 北海道出身大工さんが言ってました

静岡でも御殿場、小山辺りは雪対策はしますが、ここまでではないですね

とりあえず 静岡市の方外気温が0℃になるような夜は 外水栓や窓際の

キッチンの水栓には保温材や布を巻いて 凍結を予防してくださいね

水道3
浜松市HPより転写

こんな感じ



オーダーメイド賃貸

やませいリフォームには 賃貸物件のオーナー様のお客様もいらっしゃいます

そんな お客様から壁紙の貼り換えや キッチンやトイレなどの住宅設備機器の

交換等を頼まれます

現在お打合せしている お客様に

「事務所」を「住居」にというご相談を受けています

現況は 事務所ですのでワンフロアー空間になっています。そこを居室に

しますので、ワンフロアーを区切り キッチン・リビング・寝室に分ける予定です

そこで 今回ご提案したいのが

オーダーメイド賃貸

つまり 物件を借りる方が自由なレイアウトで間取りを決め 床の色や壁紙を

決めていきます

DSC_0831.jpg

カスタマイズ賃貸という言葉を聞いたことがあると思いますが

カスタマイズ賃貸の場合は 入居する前に壁紙を選べたりする物件が多いようですが

オーダーメイド賃貸の場合はもっと多くの部分について自由にレイアウト出来る

のが特徴です。施工業者が入居者と打合せをして 間取りを考えていきます。

オーダーメイドの費用は?

と思いますね

実際には オーナーが負担する場合が多いようです。一見オーナーにメリットが

無いように見えますが、オーダーメイド賃貸で使用する物件は築年数が30年

位の物件が多く、そのままにしていたら入居者が見込めないで空き室になって

いるのです。オーダーメイドして入居して、気に入った部屋に長く住んでもらえれば

良いという事です

まだまだ 浸透していないオーダーメイド賃貸ですが、オーナーの皆様

いかがですか

賃貸物件に対する補助金もあります⇒「住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業」

気になるオーナー様・不動産関係のお客様 オーダーメイド賃貸の情報は

やませいリフォームにお問合せ下さい



和室リフレッシュ

今日は 和室の壁の内装工事です

内装工事といっても ジュラクや塗り壁では無く ビニールクロスを貼っていきます

160121_110426 (2)

ジュラクや漆喰などは趣があって良いのですが お手入れなどを考えて最近は

ビニールクロスで仕上げる方が増えています

160111_102912.jpg

元々はジュラクで仕上げてあります。この上に直接クロスは貼ることが出来ないので

前もって大工さんに下地を貼ってもらっています

160111_103052.jpg

160111_102859.jpg

160111_102853.jpg

こんな感じのジュラクでした。元はもっと薄い色だったのか 最初からこの色

だったのかは不明ですが・・・ちょっと暗いイメージです

今度は白い 塗り壁の櫛引調のクロスをチョイス

160121_125546 (2)

床の間は チョット濃いめの布調のクロスでアクセントを付けました

160121_125417 (2)

全体的に 明るい感じになりました

160121_123503 (2)

今度 パパになる職人さん 岡崎くんも頑張ってキレイに仕上げてくれました


I様邸 外構工事はじまります

来週から I様邸の外構工事が始まります

160120_151148.jpg

160120_151138.jpg

現在はこんな感じです。

仕上がりの予想はこんな感じになる予定です

パース11

植木は撤去してしまい、どちらの道路からも駐車場に入れるようにします

パース12

そして玄関前にはアクセント柱でイメージを一新。

ポーチタイルも貼りますので イメージが変わると思います

お楽しみに


すぱげてぃ屋 真敬

先日 友人のおススメのパスタ屋さんに行って来ました

場所は清水区。

私は静岡市の駿河区でも安倍川の近く(東寄り)なので なかなか清水区まで

食事に向かう事は無いのですが、思い切って行ってきました

言った甲斐がありました

DSC_1326.jpg

私の食べたのは バジリコタラコ

この組み合わせ 最高です

麺はモチモチした感じで、今まで味わった事のない食感で癖になります

DSC_1325.jpg

店の中は ワンピースだらけ

ちなみに 私はニコ・ロビンちゃんが好きです

お店のマスター真ちゃんは 優しそうな笑顔の素敵な 元スポーツ選手

ランチもやっていますので 皆さん清水区狐ヶ崎のイオンに行った際は是非

立ち寄ってみて下さいね

看板

お店の看板は こんな感じ。

月曜のディナーと火曜日定休日になりますので ご注意を


すぱげてぃ屋 真敬の場所はこちら
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-8kd-78_lwXA/map/



エコモコ施工中

本日は リフォーム現場ではない施工のお話

昨日から H様邸新築現場で山清片山施工の吹付断熱「エコモコ」の施工が

始まりました

「エコモコ」についての詳しい話は 2014.4.22「エコモコ」でご覧ください

160115_110906.jpg

160115_110914.jpg

吹き付けた後はこんな感じでモコモコしています

そこを 専用の道具で削り取っていきます

160115_110853.jpg

エコモコの担当の 三好さん。コツコツと既定の厚さまで削っています

エコモコ(現場吹付発泡ウレタン断熱工事)は吹き付けた後は熱を持っていて

熱いのです。今は冬なのでかえって良いのですが

夏は地獄らしいです

作業をする時に切る防護服、窓は養生し密閉、そこにエコモコの熱です

聞いただけでも暑いですよね

大変だけど ガンバレ チーム「エコモコ」


プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR