FC2ブログ

絶対色覚

世の中には耳で聞いた音を 音階で表現できる人がいますね

音楽家の方に多いのでしょうかね?

それを「絶対音感」という能力だそうですね

聴力に関する能力ですが、視力に関してはどうでしょう?

{絶対色覚」という言葉はないのでしょうが 人間には色の判別能力で2色型・3色型

そして4色型のタイプがいるらしいです

色テスト
この画像は、ニューロマーケティングの専門家・Diana Derval氏が
ネット上に投稿したものを転写させていただきました


この画像を見て あなたは何色あるように見えますか?

この画像は 人によって見える色の数が違うらしいのです

Diana Derval氏によると

20色未満立った人は 2色型タイプだそうで、25%の人がこのタイプだそうです

20色以上~32色の方は 3色型タイプで 50%の人が この3色型タイプ

そして 実際はこの画像は全部で39色あります。色の境は下の図になります

色テスト2

最後に 4色型タイプ。33色~39色に見えた方がこのタイプ。

全体の25%にあたりるそうです。

ちなみに 私は36色見えました

どうやら、色覚はあるようです

結果 色覚がある事と、色のセンスがあることとは比例しないことが判明

ちょっと今日は 普段のブログと変わった話を書いてみました


そろそろ追込みスタート!

今日のI様邸は 他業種の職人さんが出入りし、賑やかな現場となりました

室内では大工さんが作業中

151117_095943.jpg

そして 玄関ではサッシ屋さんが玄関引き戸の交換中

151117_143329.jpg

外では板金屋さんが先日交換した窓周りの外壁補修中

151117_143432.jpg

151117_151605.jpg

お風呂では昨日設置したユニットバスの 仕上げ作業で電気屋さんが入ってます

他にもガス屋さんと水道屋さんが給湯器の接続に・・・

こんなに沢山の職人さんがいて 作業できるのかって思いますよね?

作業場所が多少被りますが、それぞれ違う場所なので大丈夫

その後 床下収納庫の作業に入る大工さん

151117_144229.jpg

この収納庫は スライド2連タイプなので少し複雑です

151117_151542.jpg

細かい作業もあり 大工さんの七つ道具も登場です

151117_162843.jpg

最後の蓋の設置での微調整が続き

151117_163517.jpg

完成です

開けるとこんな感じです

151117_163108.jpg

151117_163115.jpg

中に60cm角の収納庫が2つあり左右にスライドします。収納スペース2倍です

ちょっと 設置が大変だったらしくて、

151117_163522.jpg

こちらの点検口は・・・未完成です

夕方になって玄関の交換も終り

151117_170915.jpg

出来上がりを写真撮ろうかなと思っても、最近は日が暮れるのが早いですね

ステキに仕上がった玄関の写真は またアップしますね~


ユニットバス完成!

今日のI様邸は ユニットバスの施工です

151116_084954.jpg

先日 大工さんがしっかりと断熱材を入れ込んでくれています

151116_091150.jpg

I様邸には ユニットバスの部品(?)が納入されました

ユニットっていうから 箱で納入されると思っていませんか?

実は こんな風にバラバラで搬入されたものを 組み立てていくんですよ

ユニットバスの足の部分から組み立てて、床~壁を組み立てていきます

151116_153508.jpg

そして夕方には ユニットバスが完成です

151116_153515.jpg

しかし、まだ今日は入れません

各所にコーキングが 打ってありますので乾くまで入れません

ちなみに・・・

窓の部分は

151113_111107.jpg



151116_153529.jpg

このように 仕上がります

明日には 水道・電気(換気扇も)がつながり 入浴する事が出来ます

I様 楽しみにしていて下さいね~


土台交換

先日発覚した 浴室の土台の腐朽

本日交換です

151113_103713.jpg

腐ってしまった土台を撤去します

151113_103647.jpg

外した土台は こんなになってました

151113_110504.jpg

防腐処理をした土台をカットしていきます

151113_110929.jpg

アンカーボルトの部分に穴を開け 固定します

151113_111040.jpg

ビスで仮固定。洗面所の床を外した時に金物で固定します

これで交換完了

151113_103821.jpg

そして、窓の交換

151113_111107.jpg

後は 断熱材を入れユニットバスの設置を待つだけです


パーフェクトと思ったら・・・

昨日行った浴室解体工事。

解体初めからこの時点で 壁や浴槽横の土台 サッシ廻りに水の侵入が

見られず、全く腐っていなかったI様邸

151111_121201_20151112192919f49.jpg

後は洗い場下の 土台です。

ここが 健全なら「初のパーフェクト」

在来の浴室(タイルで仕上げた浴室)をユニットバスに交換する工事を

沢山施工させていただきましたが、正直言って全く傷んでいなかった物件は

今までありませんでした

窓の下や タイルの割れ目や目地などから 水が入り木部が腐って そこに

白蟻が巣くってというパターンが殆どです。

お風呂の依頼を請ける時 「全くお水が入っていなかった家は1軒もありません」

と良く説明させていただきますが

もしや もしや 初の健全物件!パーフェクト!?

思ったら・・・

151111_153835.jpg

入り口ドアの下の土台が

明日はその土台の交換です


THE 解体DAY

今日のI様邸は 解体日和

元和室では 大工さんがジュラクの壁の解体です

151111_112510.jpg

和室を洋室にする時には、壁を壊さずに上からプラスターボードなどを貼って

クロスで仕上げる方法が一般的です。

この方法は 廃材が少なく作業が早く澄みます 

I様邸は 外部に面する壁に断熱材を入れていきますので この壁を解体

しなければなりません

151111_113317.jpg

151111_113340.jpg

どんどん どんどん解体していきます

151111_114110.jpg

この下がり壁も解体していきます

151111_114249.jpg

151111_121111.jpg

なくなって しまいました

151111_115550.jpg

一方 浴室のほうでは 解体屋さんが解体です

151111_121201.jpg

151111_115323.jpg

床のタイルもバリバリと解体です

151111_121146.jpg

ところで 昔のタイルは カワイイですね~

151111_153358.jpg

そして 外にはレッカーが到着

151111_153606.jpg

何を解体してるって?

151111_154235.jpg

屋根の上の 太陽熱温水器。一時期はやって どの家の屋根にもありました

しかし 満水時で300Kg程になりますので 耐震を考えて撤去する方が

増えました

という訳で 今日のI様邸はあっちこっち 解体づくしの巻でした~


地盤調査結果

先日 地盤調査をしたT様邸の結果が出ました

zibann1.png

先ずは表紙の次に 調査概要があり何やら難しいことが書いてあるます

zibann12.png

そして 試験方法。今回は前回書いた通りのスウェーデン式サウンディング試験

で行っていますので、その試験方法が書いてあります。

前回写真付で書いた機械の絵が描かれています

zibann3.png

zibann4.png

そして、調査データの見方になります。①の貫入深さ⑧の換算N値⑨の支持力が主に

見ていただくところになります。

そしてデーターと調査員の感覚を基にどんな土質かを推定して⑥に記入してあります。

zibann5.png

そして測定位置図の次から各地点の試験結果が掲載されます。

zibann6.png

こんな感じの表になります。

簡単に言うと 棒グラフ見たいものが高い(長い)程強い地盤になります

この地点でいうと 地表から50cmと1m50cmに強い地盤があります。

zibann7_201511101918122ee.png

建物の重さが地面に影響する深さは 2m程になりますので、2mまでの

検査結果が重要になります

zibann7_201511101918122ee.png

どんな基礎にするのか判断する場合は 右から2番目の N値の数値と自沈が

あるのかを見て判断します。

T様邸では 4つの地点での検査の結果は「ベタ基礎」判定でした

そして、支持力(地盤の強さ)の数値で 地盤改良の有無を判断します。

T様邸の地盤は 弱い地盤ではないことも判明しましたので 明日早速T様へ

報告です

スウェーデン式サウンディング試験は簡易の検査になりますが、お客様にとって

自分の土地を知る一つも目安になり 安心材料にもなると思います。

地盤が不安だと心配している方は こういった地盤調査も受けてみるのも良いと

思います。費用は地盤調査会社や調査カ所にもよりますが、比較的安価で調べる

事が出来ますよ


I様邸 準備OK!

I様邸の キッチン設置前の準備も残るところ壁部分です

既存の壁を解体し、先ずは断熱材を入れていきます

151109_103600.jpg

151109_145446.jpg

窓枠を付け キッチンを設置できるように 壁下地に構造用合板を貼ります。

窓枠の下部分は 少し物が置けるようにアイカのメラミンカウンターにしてあります

これで、濡れたモノを置いても大丈夫です

窓下にはキッチンの作業台の位置に合わせ コンセントも設けます。一応棚下灯にも

コンセントは付きますが、使いづらいのでこの位置に付けます

ここにあると フードプロセッサー等使うときに便利ですよ

こういうコンセント。キッチンの本体に一つあると便利なのになぁ~と思います

現在ではPanasonicのL-Classの一部プランのみにあります。

とりあえず、明日のキッチンの設置には間に合いました


I様邸 キッチン解体

I様邸では 10日のキッチン設置向けて着々と工事が進んでいます

先日のやり直しの床も

151107_092103.jpg

この通り 貼り直し大工さんはキッチンの解体作業に入りました

151107_134344.jpg

本来はLDKごと ドカッと解体してしまうのが簡単なのですが

住みながらの工事なので直前までキッチンは使用出来る様な工程です

151107_153213.jpg

キッチンを解体し床も根太から壊します

この間に 水道屋さんとガス屋さんが施工します。

水道も今までは壁出しの水栓だったのですが、システムキッチンの水栓は

キッチンのカウンター部分からなので、メーカーの指定の位置に給排水管を

出さなければなりません

大規模な改装工事の場合に必ず おススメしているのが給水給湯管の交換です

給水給湯管は床下や壁の中を通っている事が多いので、簡単にメンテナンスや

交換が出来ません。まして、30年ほど前は鉄管の場合が多く、管内に錆や水垢

が付いたり、管の表面が錆びている場合があります。

このまま 使用した場合次に改装工事をするまで鉄管では持ちません

今回も内部の鉄管を交換し、ポリエチレン製の管に交換です

poriechirenn.png

古い給排水管を撤去した後 大工さんがキッチン下の床を仕上げていきます

151108_103159.jpg

残るは 壁の仕上げです



やり直し

今日も引き続き I様邸のLDK工事中

収納庫の加工も終り いよいよ大工さんも床貼りに入ります

現場をお任せし、お客様の所やら現場調査などしていると 大工さんから電話です

「何枚か貼って気が付いたけど、色が違うよ



聞くと 同一品番なのに 微妙に色の差があるというのです。

とりあえず 工事STOP!至急現場へ

151106_141502.jpg

これは貼り途中ですが、真ん中の床材だけ少し濃い色なのがわかりますか?

これでも同じ品番になります。違いはロットナンバーの違いになります

ロットナンバーとは

151106_151302.jpg

床材の箱や床材の裏に刻印されている番号で、この床材がいつどの工場で

造ったものなのかが判る番号になります。

実際 床材の箱には注意書きとして「ロットナンバーにより色のバラつきがあります

必ず色合わせを行ってください」と記載されています

(本物の木の)単板張りのフローリングや無垢材などは自然の物なので色むら

等ありますが、今回の床材はシートモノ(表面を木目調プリントで仕上げてある)

なので 安心していました

ここまで違うとは・・・・

やり直しです

全て剥がし、また最初から貼っていきます。

また、明日から床貼りです。今度は同じロッドの物を確実に持っていきます

しかし こんなにも色の差がある事もあるんですね。勉強になりました

151106_175238.jpg

こうやって見ると殆ど分りませんが

151106_175312.jpg

並べるとわかりますね。

大工さんも貼り始めは 日が当たっていて気付かなかったそうです

こんな事もあるもんだ。な 今日一日でした


プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR