FC2ブログ

自転車置き場完成

イベントまで後3日。

先週からそのままになっている自転車置き場ですが、

イベントの準備だったり仕事だったりで手付かずのままになってしまっています

造りかけのまま イベントを迎えるわけにはいかないと立ち上がったのは

やませいリフォームスタッフの翼くん。

早速 担当の総務課の勉三さん(出身が山形県の為 あだ名が付けられました

ちょっと似てます)との作業です

151021_153708.jpg

残りの金物から屋根の垂木 そして最後の波板貼り。根がらみ設置の作業を

一気に行っています

151021_153658.jpg

完成しました

151021_155545.jpg

イヤイヤながら記念撮影

早速 やませいチャリを停めてみました

151021_155527.jpg

そして スタンドの無いロードバイクでも大丈夫

151021_155520.jpg

根がらみを少し高めに設置して 立てかけたりも出来ます

明日から 皆使ってくれるかな~

駐輪場建替工事にご協力して下さった皆様

左官屋さん、設計士さん、物流課長 大須賀課長、総務課 安藤さん、仕入課 

富田課長 リフォーム課 齋藤さん みなさま本当にお疲れ様でした

皆の愛と勇気の詰まった自転車置き場 イベントで見ることが出来ます

そんな 山清秋の感謝祭まで後3日 待ってま~す

バナー



I様邸 内装下地工事

I様邸は 先日で洋室の工事が完了し今日からホールの工事に入りました

151020_132553.jpg

窓枠も交換し床も貼り終わっていますが、内装工事が終わるまで資材や

大工さんの道具を置かせてもらっています

ホールの壁はジュラク塗になっていて 長い年月 日焼けやホコリなどで

色が変色している部分もあり、今度はクロスで仕上げます

ビニールクロスはジュラクの上に直接貼れないので ジュラクの上に薄い

ラワン合板を貼っていきます

合板には様々な種類がありますが、よく使われるものには

針葉樹合板、ラワン合板、シナ合板等がありますが

合板

針葉樹⇒ラワン⇒シナの順に表面がキレイになります。シナ合板は押入れの仕上げ

に使えるほど表面はキレイです。

ラワン合板は針葉樹合板に比べ表面がキレイで節もないので 内装下地などに

使用します。

話を戻しまして・・・

151020_132610.jpg

ホールには階段もあり 階段の壁面もクロス仕上げになる為 下地を貼って

いきます。吹抜けになっているので足場板を使用し階段の壁面を貼っていきます

足場板の先は下の写真に続きます →

151020_132618.jpg

明日も引き続き ホールの工事になりますのでお楽しみに


ところで イベントまで後4日に迫ってきました。大工さんに現場をおまかせし

午後は看板作りに没頭です。特定顧客課はゴミ箱づくり、工事提案課はワーク

ショップの下準備です

あっちでもこっちでもバタバタしています

で、やっと出来ました~

151020_154050.jpg

151020_161705.jpg

明日から日中のみの看板設置が始まります。看板を見た方が沢山来てくれると

いいなぁ~

バナー



看板づくり頑張る!

今日はI様邸への資材納入やら 住設(住宅設備=キッチンやユニットバス)の

打合せなどバタバタして看板作りに取り掛かったのが 午後四時

そこから 3時間半頑張りました

会社の隅っこでやっていたので 途中気づかれず エコな方に電気を消されたり

しましたが なんとか

151019_191454.jpg

暗かったので写真がブレブレですが 何とか形になりました

後は文字の仕上げのみを残すのみ

山清 秋の感謝祭まで後5日

バナー

皆様 是非遊びに来て下さいね~


看板作り

本日は I様邸でサッシ屋さんと打合せをした後 大工さんに現場を任せて

会社に引き籠っての「看板作り」です

ヤバいのです あと1週間しかないのに看板が遅々として進んでいません

そこで 今日は看板作りに専念

151017_134834.jpg

ベースになる部分をある程度塗っていきます。

最初に文字の下書きをしたため輪郭を取りながらの作業です。も後の看板の

入賞無料の左側は その細かい作業に飽きたため中断中

そして文字の部分を塗っていきます

151017_162552.jpg

まだ輪郭を入れていないので こんな感じ・・・

151017_162610.jpg

蚊が出てきたので 本日の作業は終了。って、まだまだ途中だぞ

間に合うのか?それとも妥協してプリンター出力になるのか?

本人も判っていませんが、頑張ります


昨日は 大工さんとお客様の息子さんがOPENしたレストランへ開店のお祝いを

しにお伺いしました

仕事が終わっての直行だったため 3人とも作業着でお伺い。

こんな格好で入っていいのか不安でしたが、温かく迎えてくれました

お店は白を基調にブルーのアクセントが入ったステキな店内で

お料理はカジュアルフレンチのコースです。

オードブルからデザートまでのコースでお値段は2,600円

正直「こんな安くていいの?」と思ってしまうほどのお料理です

しかも +700円でメインを両方楽しめてしまうのですこれは嬉しいですね

デザートまで醜聞満足して頂いた後で

「ブログ様に写真は撮らなくていいの?」と大工さん

先に言ってよ

雰囲気の良いお店と 美味しいお料理。そしてオーナーシェフと奥様との

楽しい会話で 写真すっかり忘れてました

またお伺いして 写真撮ってきますね

美味しかったのでまた行きたいだけですが・・・

写真が無いので お店の案内の写真だけでも

151017_072109.jpg

是非 行ってみて下さいね~



I様邸 洋室工事

昨日から始まった I様邸

着工日は2階の小屋裏の断熱材の敷き込です

今日からは1階洋室の断熱工事になります。この部屋は西側の道路に面して

いる為 夏は西日が当たりとても暑くなるとの事。

外部に面した壁に断熱材を入れていきます。床は冬の換気を遮断するように

断熱材を敷き込みます

床も張り替えますので

151016_093003.jpg

先ずは床を解体していきます

この位の年代の家は全般的に大引きの上に根太、その上に床が貼ってあります

151016_092853.jpg

最近の床材は根太施工の床材もありますが 殆どの床は捨て貼りが必要です

捨て貼りの合板1cm2mmを入れるには根太を1cm2mm下げなければいけま

せん

しかも 温存するドアの敷居と同じ高さで床が貼ってあったので +3mmで

15mm根太を下げて施工します

断面

151016_160655.jpg

根太を全て撤去し 加工した新しい根太に交換していきます。

もちろん根太間には断熱材(今まではなかったので)ジュピー45を入れていきます

151016_155053.jpg

今日は 自称「淋しがり屋のさっけのみ大工さん」の甥っ子大工さんが手伝いに

来ています

151016_155101.jpg

外では「淋しがり屋のさっけのみ大工さん」が根太を加工

中では甥っ子大工さんが根太をかけていきます

151016_155112.jpg

そこへ 愛猫家の電気屋さんも参加します

「淋しがり屋の酒飲み大工さん」今日は淋しくなくて良かったですね


プレカットのこと

木造の家を建てる時 基礎屋さんが土台を作り 大工さんが木を組み立てて

屋根屋さんが屋根を葺いてと様々な業者さんが入ります

屋根の棟を取り付ける時を「棟上げ」や「建前」と言いますが、この日は棟梁の

仲間たちが集まって柱から屋根の棟まで一気に建てます

かつては棟梁はこの建前までに柱梁等全ての木材を刻んでおきます

柱と梁などをつなげるときには 木材に凹凸をつけその部分を差し込みます

その凹凸を付ける事を刻むといいますが、この凹凸部分は場所や部材により

様々な形があり、一つ一つ木材を削っていきます

141122_095432 (2)

去年の11月22日のブログでも紹介した「追掛継(おっかけつぎ)」も

追っ掛け継ぎ

それぞれの梁をこのような形に刻みます。

棟梁の腕の見せ所ですね

しかし、最近ではこの様ね刻みをすることがありません。刻みをしなくでも家が

建ってしまいます。

建前の時に使う柱や梁等は 全て「プレカット」で現場へ納入されます

プレカットとは前もって切断したり加工しておく プレ=事前に カット=切断する

現場ではプレカット製品などと名詞として良く使います。

構造材プレカットによって 現在の建前はプレカットされた木材を組み立てて

いきます。

プレカット

最近では このプレカット。構造材だけには留まらず壁や天井に張る石膏ボード

外壁材(サイディング)、天井下地の野縁等様々な商品が販売されています

プレカット2
WOODONEカタログより

このように全てプレカットで納品されますので、大工さんは刻む必要がありません。

はたしてこれを良しとするか それとも悪しとするか・・・・

そこについては様々ですが、良しの面では

工期短縮や廃材処分費がかからないなどのメリットがあります。そして何より

大きいのが、大工さんの腕によっての完成後の差が無いという事でしょうか

反面。大工さんの育成に支障はきたします

刻むことが無い為 「刻みの出来ない大工さん」が増えています

大工さんも弟子を取らない大工さんも増えていますので、これから「刻みの出来る

大工さん」がどんどん減っていくのでしょうね

これは 大工さんに限らず基礎の鉄筋も最近はプレカットで出来ています。

様々な物が進化していく事で失われていくものも多いような気がして

少し考えさせられる今日この頃でした


駐輪場を作る

去年の7月9日のブログでお話した 台風対策でネットで保護された山清片山の

駐輪場。とうとう建替える事になりました

駐輪場

正直 いつ倒壊しても不思議ではないこの駐輪場。築何年なのか不明ですが

柱は直接地面に刺さっているだけで、よく建っていたかと思う駐輪場でした

今回。仕入課の富田氏を中心に今回の駐輪場建て替え工事が始まりました

今回の駐輪場。建材流通業ならでは(?)で取り扱いの木材で作製します

旧駐輪場を取り壊すのには「アッという間」(取り壊しに参加した社員の言葉)

だったそうです

やっぱり建替えて良かったデスネ

昨日のウチに6カ所に束を埋設しておきました

これには お隣の左官屋さん(御年83歳)もお手伝いしてくださいました

ありがとうございました

設計はウモリスタ一級建築士事務所の先生です

設計図通りにカットした木材には前もって 防腐剤(キシラデコール)を塗って

あります

151014_152333.jpg

その木材に金物を取り付けていきます

151014_152345.jpg

そして束に固定していきます

151014_171616.jpg

左官屋さんが「建前だ~建前だ」と言って協力してくれたり、木遣りを歌ったり

と設置は進んでいきます。

が、timeUP 最近は日没が早いですね

辺りが薄暗くなり 見えなくなってきたので・・・本日の作業は終了です

明日は引き続き 駐輪場の作業がありますが、2件着工があるので手伝える

かどうか・・・出来上がりの写真しかアップ出来なかったらごめんなさい

イベントまで間に合うのか?駐輪場&入口看板 こうご期待

バナー



イベント看板作りその2

昨日は富士山に初冠雪が観測されました。

ニュースで知る前に 外出策で富士山を見たら頂上にチョビッと雪が

151012_112331.jpg

さて、今日も現場の合間でイベントの看板作りです

151013_190640.jpg

用意した合板を2枚並べての作業です。下地に取り付けてしまうと作業がしにくく

なるので、テープで仮止めしての作業です

先日のエクセルで作った文字を貼り合わせてバランスを見ながら合板に

カーボン紙で書き写していきます。ペンキで塗る部分の下書き作業です

151013_190942.jpg

途中まで書いて・・・「下塗り後のが良かったのでは?」と気づいたのですが

後の祭り・・・作業は半分以上終わっています

きっと塗りにくいんだろうな~と思いつつ このまま強行突破

151013_192235.jpg

ラストスパートです

151013_193734.jpg

出来ました が、写真じゃ見えませんね

151013_192227.jpg

秋の感謝祭なので 秋っぽく紅葉をあしらってみました

感謝祭まで後10日

バナー



今日は 看板下地作り

仕事の合間を見つけての作業です

先ずは看板の文字作り。看板は3×6板(サブロク板=3尺×6尺・910×1820)2枚分

なので巾91cm 高さ3m64cmの大きさです

そこに文字を入れるとなると かなりの大きさでないと目立ちません

看板文字

エクセルで作ってみましたが・・・1枚の紙はA3サイズです

文字一つもかなりデカいです

で、看板の下地作り

151009_151309.jpg

出来ました

結構大きく見えますが、きっと外に建てたらあまり違和感ないのでは・・・

看板

きっと こんな感じかな?

後は、ペンキを買ってきて作ります。上手く出来るかな~

バナー



大工さんクランクアップ

耐震工事中のN様邸、改装工事のH様邸の大工さんは昨日今日と作業終了

お疲れ様でした ♪───O(≧∇≦)O────♪

151007_150707.jpg

N様邸では 最後の補強カ所の仕上げも終り、荷物を元に戻し完了です

そしてH様邸では

151005_162123.jpg

151005_162152.jpg

大工さんと並行して入ってもらっていた外壁屋さんが外壁を施工中

外壁屋さんにバトンタッチです

この外壁は ニチハのセンターサイディング。ガルバニウム鋼板の外壁材です

耐震の事を考えて、施工できるカ所には金物も入れ、屋根も軽いものにしたので

外壁も軽いものに

garuba.png


ガルバニウムサイディングの中には 断熱材が入っている為よく外壁リフォームで

使います。H様邸では外断熱をしたので外壁を剥がしましたが、一般的には

モルタルの壁の上から施工できます

H様邸は 外断熱工法で断熱を貼っているので2重の断熱になってしまいました

その断熱効果は抜群なようで、最近めっきり寒くなりましたが

「家の中は暖かいよ。昨日も家の中で半袖でいたよ~」と嬉しそうでした

大工さんが真夏の暑い中床から屋根から壁全面に断熱を施工してくれたお陰ですね

淋しがり屋の酒飲み大工さん(自称)お疲れ様でした~

さて、次も断熱(今度は家の中から充填断熱)工事ですよ。よろしくお願いします

そして山清片山ではイベントに向けてバタバタと準備中です

ゲート飾り付け担当なので・・・看板のイメージを作ってみました

kannbann.png

イベントまで後15日

バナー



プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR