FC2ブログ

押入部分の仕上げ工事

耐震工事中のN様邸

工事が少し飛びますが・・・筋交いも入れ終わり仕上げ工事の下地段階です

150919_100409.jpg

この部分は 筋交いなしの構造用合板仕上になります

150919_101840.jpg

奥に筋交いが見えますが、この筋交いは既存の筋交いになります。

サイズ的にも違い、金物も付いていないので この既存の筋交いには金物も付けず

そのままにします。数値的には計算しない筋交いです

合板仕上

構造用合板を釘打ちする場所に下地を入れます。

ここに釘で構造用合板を固定していくのですが、その詳しい施工方法が

「N50-@150」になります。これは N50(長さ5cm)の釘を15cmピッチで打つという

意味になります。

ちなみに N50の釘は

N50.png

こんな風に ロールになっています

エア釘打ち

このロール釘を写真下の丸い部分にセットし コンプレッサーの圧力で打付けて

いきます。昔は1本1本金槌で打っていましたが、今はこのような機械を使って

作業していきます。

150924_091818.jpg

仕上の押入れベニアを表面に貼り、元通りに中段と天袋を付けていきます

150924_160111.jpg

お布団が入ってしまいましたが 中段天袋も出来 完成です

150924_160127.jpg



スポンサーサイト



プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR