FC2ブログ

お客様に感謝感謝

山清片山は流通業として今年で123年目を迎えます

そして やませいリフォームは今年で7年目

リフォーム事業部発足当時は片山さんが一人コツコツと近隣に営業したり

しておりましたが、4年目からは私が参戦し2人体制。

そして、昨年からは齋藤君も加わり 3人体制で今に至っております

そこで お客様の分布を地図に現して見ました

150819_205410.jpg

山清片山を中心に 静岡市葵区にお客様がいっぱいです

150819_204509.jpg

シールの色は各スタッフのお客様です

貼ってみて こんなにいっぱいのお客様がいるんだな~と改めて実感です

こんな沢山のお客様が やませいリフォームを信頼しリフォームの依頼をして

くださって、お客様に感謝感謝でございます

もっともっと 愛されて信頼される様 スタッフ3人で 頑張って行きます

これからも よろしくお願いいたします m(_ _)mフカブカ~

sannninn.png

↑ 似顔絵作ってみました


H様邸キッチン工事中

先日からH様邸ではキッチンの工事が始まっています

内部の工事もこの部屋で最後になります。

150817_094015.jpg

最初にキッチンの本体の解体から

150817_150411.jpg

その後 床を解体です

太鼓根太を外したものは お隣の左官屋さんのご自宅の薪ストーブの薪に

なります

150818_100903.jpg

根太と断熱の施工の前に水道屋さんが給排水管の施行に入ります

あらら・・・写真がまたブレブレです

150818_145011.jpg

断熱材(旭化成建材のジュピー45)を敷き詰め 構造用合板を貼っていきます

この上に床材を貼っていきます

この 構造用合板は通称「捨て貼り」といいます。

最近の床材は 無垢フローリングも一般的なフローリングも捨て貼り専用に

なっています

すてばり

すてばり2

こんな風に 「捨て貼り工法用」等書いてあります

捨て貼りをすることによって、フローリングの反りや割れまたは 床鳴り

を防ぎ構造的にも強い床になります

一般的には構造用合板を捨て貼りに使用しますが、リフォームなどでは

既存の床を捨て貼りとして使う事もあります

話を戻しまして・・・

150818_152103.jpg

床(捨て貼り)が出来たら 壁の施工をする前に電気屋さんが入ります

30年以上前は こんなに家電が進化すると思われていなかったので

各部屋コンセントは2口が2カ所程。それ以前は2口が1カ所や全くない部屋も

ありました。現在そういったコンセントからOAタップなどを使ってタコ足配線を

しているお宅も多いですよね

他に 各部屋にテレビ用の配線が無い。エアコンの専用コンセントが無い。

トイレにコンセントが無い等・・・

パソコンに至っては無線LANが主流になり LAN配線が不要になりましたが

皆さんも 内装リフォーム時にコンセントを増やすことをお勧めしますよ

壁に穴を開けて配線したりしますので、クロスを施工する場合がオススメです

という事でH様邸でも専用コンセントの増設(分電盤から配線を繋ぎます)

エアコン専用コンセント、テレビ配線等様々増設です

150818_161425.jpg

一緒にセキュリティーの配線も壁の中を通していきます

キッチン設置は来週の月曜日 様々な業者さんが入るキッチン工事。

明日からはしばらく「(自称)淋しがり屋の酒飲み」大工さんが入ります。

お楽しみに~

夏季休暇いただきました

山清片山が13日からお休みでしたが、職人さんが動いている為

14日の午前中は現場の確認に入りましたが

14日午後より 夏季休暇を取らせていただきました

今年の夏イベントは 先日抽選に行った「梅ケ島キャンプ場」でのバーベキュー

梅ケ島キャンプ場に着き 受付をすますとバンガローの鍵を渡されました

kyannpu.png

荷物をバンガローに入れた後は 魚魚の里(ととのさと)へ

名前の通り もちろん釣掘りです

先日アップした猪之頭の釣り堀は「ニジマス」ですが、こちら魚魚の里は

「ヤマメ」です

150815_153751.jpg

釣掘りのニジマスは貪欲で針を投入すると直ぐに釣ることが出来ます

なんせ スプーン(疑似餌)で釣れるくらいです

supu-nn.png

ちなみに こんなのです

一方 ヤマメは警戒心が強く 養殖のヤマメでもなかなかエサに食いつき

ません。長く楽しめると言えば長く楽しめますね

なんとか 一人4匹のノルマを達成し塩焼きにしてもらいます。

わたぬき(内臓を取り出す)をし、串に刺します。

このわたぬき作業も苦手な方はお願いする事も出来ます

150815_162218.jpg

私たちは3本竿を出したので12匹を塩焼きにしてもらいます

150815_163354.jpg

焼きあがってきました

150815_163649.jpg

焼き上がり美味しそうです

当初 キャンプ場に持ちかえって食べよう!が、1匹づつ食べように変わり

最後には全部なくなってしまいました

ニジマスより塩焼きは美味しいですね~

150815_165859.jpg

車止めまで「ヤマメ」です

DSC_1232.jpg

バーベキューの後はお決まりの花火

この日は丁度梅ケ島の花火大会があり 近くのテニスコートでの打ち上げで

現地には行かなかったので、木々の間からの花火でしたが、花火も満喫し

そして、何より星が綺麗で「ペルセウス座流星群」がピークではなかったものの

2つ3つ見る事も出来、本年も大変満足な夏季休暇でした

DSC_1234.jpg

一応 花火を取ったのですが・・・

DSC_1236.jpg

綺麗な星空も撮っては見たのですが・・・

残念

是非 現地に行ってみて下さい



S様邸屋根完成間近!

ブログ更新できていなくて すみません (><)

8月13日(木)から8月16日(日)までの間 山清片山は夏季休暇に入って

おりました

会社が夏季休暇といえど職人さんは動いておりまして

150812_134806.jpg

工期の詰まっている現場などでは工事に入らせて頂きました。

これもお客様のご協力があっての事です。ありがとうございましたm(_ _)m

S様邸では 屋根の葺き替え工事が急ピッチで進んでいきます

150812_155107.jpg

150812_155235.jpg

S様邸、H様邸では13日が雨で現場に入れなかったので、土曜日まで

屋根工事に入りました

150812_155239.jpg

S様邸 葺き替えの終わった場所です

14日時点で 後は棟付近を残すのみでしたが15日無事完成いたしました

本日は雨のために写真を撮ることが出来ませんでしたが

破風板の板金巻きや樋工事がまだありますので、また引き続き

書いて行きますね~


夏休み 木工教室

mokkoukyoushitsu.png

やませいリフォーム夏休みイベントでは「木工教室」参加者を まだまだ

募集しております

まだ空きがありますので、ご家族やお友達でのご参加をお待ちしています

木材はカット済みですので お子様でも簡単に作成できます

なお、カットしたいという方にも対応しています

塗料も各色揃えておりますので、世界に一つだけの作品を作りませんか?

夏休みの工作としても出来る様 無料で作製できる貯金箱も追加しました


皆様のご参加お待ちしております~


K様邸 終わりました!

本日は大工さんにK様邸に入ってもらって 再び玄関先で店開きです

150811_091613.jpg

霧除けや軒天の裏を補修してもらったり、細々とお願いしてあります

150811_094535.jpg

長年の雨の吹き上げや劣化によって表面がめくれてしまった軒天を補修。

耐水ベニアを貼り、塗装してもらいました

150811_131413.jpg

先日交換した玄関引き戸の内側の補修もしてもらい、内窓の下地

150811_131144.jpg

トイレの手摺の設置や最終的に

150811_141432.jpg

玄関収納の取付も行ってもらいました。大工さんの仕事は沢山あります

マルチに何でも熟せないと リフォームの大工さんは務まらないですね

色々お願いしていたら 「馬車馬のように働かせないで~」と言ってました

申し訳ないとは思いながら・・・いろいろ出来るのでお願いしちゃうんです

150811_160049.jpg

玄関収納もこのとおり

お客様にも 喜んで頂いて業者冥利ですね~


近隣の葬儀ホールで「きずなフェア」というイベントが開かれていたので

チョイと偵察

150811_114431.jpg

爬虫類と写真が撮れるというので見に行くと「コノハズク」でしょうか

カワイイので

150811_114442.jpg

カメラ目線でもう1枚

150811_114644.jpg

フトアゴヒゲトカゲ(←調べました)もいて このコーナーはマニアなコアな

お客さんが居着いていました

まあ、可愛かったのでです

全然偵察になってないですね・・・


H様邸 式台完成!

今日はいよいよ H様邸の框が納入されました

早速現場で大工さんに框と式台を施工してもらいます

150810_104537_20150810183140751.jpg

先ずは框の下地です。式台の位置と合わせながら位置を決め下地を

造ります

150810_141423.jpg

框が付いたら次は 式台の下地です。

150810_163409.jpg

そして 最後に式台を設置、固定して完成です

式台は ケヤキの無塗装のモノですので 塗装をかけるまでは変色しない

様に養生です。塗装をして初めて完成ですね~

一方のK様邸では 先日に引き続き内窓の工事が続きます

150810_112412_20150810183117d7b.jpg

150810_112436_201508101831166cf.jpg

和室の横繁タイプです。やませいリフォームで内窓のご相談のある場合は

常にペアガラス(複層ガラス)をお勧めしています。とんでもなく大きな窓以外は

ペアガラスの方が断然性能が良いからです

せっかく内窓を付けても 変化が感じられなかったら意味がないですよね

しかし、YKKのプラマード。先日和紙調ガラスの障子調の内窓が発売され

ましたが、こちらは単板ガラスのみ。

purama-do.png
新発売の和紙調ガラス(単板ガラス)

purama-do2.png
ペアガラスの和室風(すりガラス)

どうしても すりガラスなので、和紙調フィルムを貼るご提案をしてあります

YKKさん 早くペアガラスの和紙調をお願いしますね 

150810_115827_20150810183114e5e.jpg

キッチンの2間の大きな窓にも内窓が付きました

明日は 大工さんはK様邸に入りまた店開きです

見かけた方は 声をかけていってくださいね


K様邸は職人さんでいっぱい

土曜日は 大工さんにK様邸に入ってもらっています

K様邸のトイレの交換工事日なのです

150808_083047.jpg

最初に 設備屋さん(水道屋さん)に既存の便器を撤去してもらいます

150808_090231.jpg

その間に 大工さんに壁のパネルを貼ってもらいます

大工さんがトイレ内で作業している間 設備屋さんは洗面所での洗面化粧台

交換の工事です

150808_103827.jpg

これは リモデル用排水。洗面化粧台の排水管が蛇腹(ジャバラ)の物なら

既存の穴がどこでも良いのですが、ズレている場合に使います

その一方2階ではサッシ屋さんが 内窓の取付工事に入っています

150808_090759.jpg

150808_090821.jpg

これは「ふかし枠」と言って、枠の幅が足りない場合に設置します

YKK-apのプラマードですが、設置するには窓枠の奥行が7cm必要です

窓周りに7cmの奥行が無い場合このL型のアングルのふかし枠が必要に

なります。

ウチの窓は奥行きが無いから付けられない~と思っている方大丈夫です

150808_100701.jpg

1カ所設置完了 暗くて見えないですね・・・

150808_171657.jpg

150808_171716.jpg

そして、トイレと洗面化粧台が完成

大工さんは その後 霧除けの補修作業に入っています

150808_151349.jpg

150808_083039.jpg

玄関先で店開きしているので、道行く人が見てきます

しまった 山清片山の旗でも立てておくんだった

そして作業は月曜日に引き続きます



ワンポイント

今日は先日玄関サッシの交換をしたK様邸ではレール下の土間の

補修に工事に入っています

150807_141017.jpg

御年83歳の左官屋さんが施工してくれています

施行しているうちに 積乱雲が・・・

150807_141656.jpg

山の向こうでは遠雷が

一雨くるかな?と思いましたがパラパラと降っただけでした


一方 S様邸では欠けてしまったタイルの交換です

以前(5月2日:M様邸 N様邸)にも書かせていただきましたが

このタイルは36角タイルと言って1辺が3寸6分(109mm)のモノです

すでに製造はされていない為、同じ色の物を探すには至難の業なのです

在庫で持っている業者さんに当たったり、ネットを駆使して探したり・・・

S様邸では 割れてしまった部分をコーキングで補修するかなど考えて

いたのですが

お客様が「このタイルは使えない?」と同じサイズのタイルをお持ちでした

聞くと鍋敷きのタイルが剥がれてしまったものという事

1枚だけの交換は 難しく、剥がす時に横のタイルも割りかねないので

ここは プロにお願いします

150807_160008.jpg

目地に切れ目を入れて完全に横のタイルと 縁を切ってから

角から少しずつ 割って剥がしていきます

最後に 中心部のタイルを一気に剥がします。

さすが プロ(タイル屋さん)ですね

そして タイルを専用の接着剤で貼った後 目地材を塗り込みます

150807_160939.jpg

最後に 表面の目地材を スポンジでふき取ったら完了です

150807_161221.jpg

150807_161231.jpg

こんな感じで仕上がりました

ワンポイントで可愛く仕上がりました

このタイル 調べてみると100円ショップのセリアで2012年頃販売していた

鍋敷きみたいですね

seria.png

意外なところに 36角タイルがあるんですね~

36角タイルの貼ってある お家の方は雑貨屋さんなどで36角タイルを

見つけたら買っておくのもいいのかも



K様邸 玄関サッシ交換工事

本日は K様邸の玄関サッシ交換工事です

K様邸の既存のサッシはランマ付引違のサッシになります

交換の方法は 最近ではカバー工法もあります。カバー工法は既存の

サッシ枠の上に枠を付けていく方法です

カバー工法

カバー工法では 下枠も同じように既存のレールの上に付けていきます。

カバー工法2

この図のように(青が既存の枠・赤が新しい枠)既存の枠と玄関タイルの

高さに段差があればよいのですが

カバー工法3

玄関タイルとレールがフラットな場合黄色の部分が段差になって

しまうのです。

そこで今回は このカバー工法は使えません段差は危ないですからね~

150806_085938.jpg

先ずは 玄関の引き戸を撤去してから作業が始まります

150806_091143.jpg

ブルーシートで養生をしてから本格的に作業開始です

150806_091834.jpg
 
初めに下レールの脇に サンダーで切れ目を入れていきます

150806_093401.jpg

こんな道具を使用します

150806_091944.jpg

作業風景が分らなくなるほどになってしまいました

150806_092059.jpg

だんだんとポーチの土間コンクリートに切れ根が入っていきます

150806_092800.jpg

次は玄関側の タイルの目地に切れ目を入れていきます

150806_093356.jpg

150806_094033.jpg

次にコンクリートブロッカーで切れ目の間(レール下)のコンクリートを斫って

(はつってと読みます。壊してという意味です)いきます

150806_095632.jpg

レールを撤去します。

150806_102725.jpg

ガラ(コンクリートの破片)を綺麗に撤去した状態です

150806_104009.jpg

次に欄間の横桟の撤去です

150806_110105.jpg

横と上の枠は撤去してしまうと 木工事や外壁の補修で左官工事+塗装工事等

大掛かりになりますので、ここの部分はカバー工法で

いよいよ 枠の取付です

150806_145708.jpg

150806_155114.jpg

枠にゆがみが無いか一つ一つ測りながらビスを取り付けていきます

150806_155338.jpg

ここでも出ました レーザー水平器です。最終的に細かく計測していきます

150806_162305.jpg

そしていよいよ 引き戸の吊り込みになります

150806_163549.jpg

この段階では まだ引手や鍵が付いていません

150806_162435.jpg

引戸を吊り込んだら 引戸での微調整をします

150806_164323.jpg

引手が取り付きました

この引手 YKK-Apのれん樹の洋風タイプの標準仕様です

とても使いやすいと評判です

150806_164500.jpg

これで本日の工事は完了です

玄関サッシの交換リフォームの場合はここまで(鍵のかかるところまで)

1日で終わらせなければなりません

しかし まだまだ未完成です。この後レール下の土間補修等があります

ですので、まだこの工事キーをお渡しします。

奥様がすごく 良くなったと喜んで下さり、ご主人が今日 玄関サッシが

変わるのをスゴク楽しみにしていたと おっしゃって下さいました。

この お客様の言葉を聞くと この仕事やってて良かったな~と思います

ご主人が仕事から帰って この玄関をみてビックリして下さるかな~

150806_163600.jpg

本キーになるまで もう少しお待ちくださいね~

一方のH様邸 床貼工事と屋根工事が着々と進んでいきます

150806_140805.jpg

先日の框は 納入日が10日になるので完成写真まで今しばらくお待ちください

150806_141854.jpg

屋根材 ケイミューのルーガが準備されています

ちなみに 本日のK様邸は私の育った街にあります

150806_090304.jpg

真ん中の高い山が通称「安倍城」です。山頂に安倍城があった山です

懐かしくて ついパチリ

夏がとても似合う場所ですよね。日差しは強かったのですが、とてもいい風が

ふいていました




プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR