FC2ブログ

耐震の工法4

先日は 耐震工事の工法(筋交い施工)の流れを説明しました

今日は その他にどんな工法があるのか 少しご紹介いたします

屋根初めに 屋根から

「屋根を軽くした方がイイ」と良く耳にすると思いますが

実は 屋根ですが、耐震改修時の数値に大きく係わってくるのです。

荷重

荷重2

この表は 耐震改修をする家の 必要耐力(どのくらいの耐震壁が必要か)

を計算する表の抜粋ですが、上の表では 1㎡あたりどのくらいの重さが

かかり、この家自体にどのくらいの重さがかっているかを計算する表です。

下の表は 必要耐力(どのくらいの耐力壁が必要か)を計算する表で、

支持荷重に地震地域係数等を掛けて計算します。つまり この指示荷重

部分が少なければ 必要耐力が少なくて済むという事です。例えば・・・

A200×B10=2000 と

100×B10=1000  では

Bの同じ数字を掛けるのならAが少ないほうが答えは少なくなりますよね

という事で 屋根は軽いほうがいいという事なのです。

屋根を軽くする 方法をご紹介していきます。先ずは屋根仕上の重さの比較

屋根3
クリックすると拡大できます

和瓦や洋瓦を 1とすると 一般的なスレート瓦や新素材の瓦の重さは1/3程度

ガルバニウム鋼板屋根に至っては 1/10程度の重さになります。

和瓦を 軽い屋根にするためには

①足場を掛け

②瓦撤去

③下地補修(野地板やルーフィング(防水紙)工事)

④葺き替える瓦施工

⑤雨樋やアンテナなどの付随工事

⑥足場撤去

と大変な手順になります。金額もかかりますので 屋根の痛みなどがなければ 

壁の補強カ所を増やすのが良いのか、屋根を葺き替えたらよいのか 施工店と

良く話し合う事をお勧めします。

無駄に 屋根の交換を進めてくる業者さんは ちょっと注意かな

和瓦からスレート瓦(コロニアル)はよく見る事もあると思いますので、新素材瓦

の一例から紹介します。

●ケイミュー ROOGA(ルーガ)雅・鉄平

ルーガ

ルーガは瓦と同じ厚みを持ちながら 重さは1/2以下という瓦です。

その秘密は セメントの中に樹脂の壁を持つ気泡と 軽い骨材を入れる事で

軽量化してあります。中に繊維質を入れる事で固さも実現したという 新素材

の瓦です。

2ルーガ

ルーガ3
ルーガ雅

ルーガ4
ルーガ鉄平

見た目は 和瓦と天然スレート屋根のようです。が、お値段少し高めです。

●IG工業 ガルテクト

ガルテクト

ガルバニウム鋼板は鉄の下地を亜鉛とアルミニウムの鋼板でカバーした鋼板です。

鉄や亜鉛メッキ鋼板に比べて長持ちするのが特徴です。その鋼板の中に断熱材を

入れることにより、断熱性や遮音性を高めています。

ガルテクト1
ガルテクト3

見た目も スレート瓦に近い姿で重さはスレート瓦の1/3という軽さなので近年

使用する家も増えています。また、施工性の良さからスレート瓦のカバー工法と

いう形(スレート瓦を剥がさずに上から施工)もとれるので リフォームをする方も

多くいます。


今日は 屋根のお話をしましたので、明日は壁の話をしていきます。

ケイミューのルーガの詳しい情報はこちら ↓
http://www.kmew.co.jp/shouhin/roof.html

IG工業のガルテクトの詳しい情報はこちら ↓
http://www.igkogyo.co.jp/





スポンサーサイト



プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR