FC2ブログ

耐震の工法2

前回は耐震の流れまで お話しましたので 今日は診断書の見方から

前回 精密診断・補強計画をした時に 提出される「診断報告書」の話を

書きました

tokai04.png

この診断報告書は「現況」と「補強後」の2部 提出されます

「現況」は精密診断をした時の つまり現在の 評価になります。

診断書で 見ていただくところは §9 上部構造の評点 と §10 総合評価

になります。途中には基礎や地盤の状態や 強度や偏芯(バランス)の計算等

がありますが、最終的な総合評価はここになります。

診断書

診断書2

一番上の部分の表の 右の「上部構造評点(赤線のところ)」がX方向の強さ

Y方向の強さの評価になります。

X方向・Y方向は 「壁伏図」の水平がX方向 垂直がY方向になります。

ちなみにこの図面の 白い四角が柱のある部分 黒い線が耐力壁になります。

そして中心の黒い丸は この家の重心 ▲は壁のバランスになります。

この二つの点にズレがあると 地震の時にネジレが発生し 倒壊の危険

があります。この家はほぼ同一点なので現状ではバランスは良いです。

先程の 上部評点の話に戻ります。1階のX、Yのそれぞれの数値及び

2階のXYの数値を比べて 一番低い数字が総合的な 上部構造評点

になります(この物件は平屋なので2階部分の数字は入っていません)。

よって 右側の判定で 「0.7未満 倒壊する可能性が高い」と判断され

ました。バランスの評価は良かったのですが、床の面積に対しての必要な

耐力壁が少なかったことが原因になります。また、屋根が重い和瓦だった

事も評点を下げてしまう 原因でもあります。

これを踏まえて 補強後を見てみましょう。

診断書3

こちらが補強計画後の 評点になります。

X方向1.36 Y方向1.40 で低いほうの評点 総合評価は 1.36です。

では、どの部分のどのような補強で この建物は1.36まで上がったのか

説明していきます。

診断書4

この図面は このお宅の耐震補強計画の図面になります。

斜めの線が入っている壁は ここに筋交いを入れるという意味になります。

つまり 6カ所の部分に筋交いを入れていきます。

この 6カ所の筋交いを入れる場所ですが、4カ所が押入れに集中している

のがわかりますか?

つまり、押入れの中の解体で済むという事です。しかも 後の2カ所の部分

は、外部から施工の出来るところになっています。このお宅の外壁は玄関

の面はモルタルで仕上げていますが、他の部分は板金の外壁になってい

ますので、施工がしやすくなっています。

費用の話は 後程いたしますが、他のリフォームを同時にしない場合は

このように 費用のかからない様に 補強計画をたてる事も出来ます。

ただ、どうしてもココは 補強しないとという場合もありますが、ご相談しな

がら計画をたてていきます。

今日は 診断書の見方の説明をしましたが 見方や補強方法は 診断結果

をもとに、耐震補強相談士が解りやすくご説明しますので ご安心ください

明日は どのように補強していくのか説明します。引き続きお付き合い下さい

 

スポンサーサイト



しぞーかおでん

先日 某所に行って静岡おでん(しぞーかおでん)を食べてきました

おでん

静岡おでんは 他地域(静岡市以外)の人には馴染みのない 真っ黒な

おでん汁に入っています。 某所の静岡おでんも同じです。

これに 出汁粉(ダシコ)をかけたり 味噌を付けたり そのままで食べるのです。

が、某所の静岡おでんには 【ふわ】なるものが入っています。

右手前が【ふわ】です。 何かわかりますか?

【ふわ】は牛の肺です

静岡おでんの店にも 置いてあるところは少ないのでは と思います

この 【ふわ】 好みもありますが。柔らかくて味がしみていて旨いのです

食べる機会があったら 是非 食してみて下さい


プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR