FC2ブログ

雨漏り調査

今日は 営業の片山さんのお客様のお家の雨漏り調査です

今回で 5回目か6回目になります

「雨漏り調査」程 難しい案件はありません

なぜなら 見えない部分の予測をしながら原因を見つけていかなければなりません

点検口があったり、小屋裏がある場合はそこから見えるのですが

それもなく、天井のクロスの補修もしない場合は 予測していくしか

ないのです。

本当に雨水ってやつは厄介で、雨漏りのする天井の真上から来てる

との限らないのです

建物には 縦の柱ばかりではなく梁や筋交い等の部材が組み合わさって

出来ています。木造ばかりではなく、軽量鉄骨や、重量鉄骨等もそうです。

そして、水は高い所から低い所へ流れていきますので、極端な例えですが

koyagumi2.png

このように全く違う場所からの侵入ということもあります。

雨漏り調査の方法は先ず 現場を見てお話を聞きます。雨漏りの原因というのは

仕上げ材などの取り合い(境)部分が殆どです。取合いの施工が不十分だったり

仕上のシーリング材の劣化や切れ等様々ですが、第一にそこを疑います。

雨漏り調査は 刑事の犯人追求に似ている気がします

第1回目の現場調査で おおよその犯人の目星を付けます

雨漏り上部階にバルコニーなどあったら 笠木・防水・ドレイン

この3人が重要参考人になります

P9090045.jpg

重要参考人の目星が付いたら次は証拠集めです。

いや、水かけ調査に入ります。はたしてこの重要参考人の誰が犯人

なのかを突き止めるために、各所に水をかけていきます

この時、雨漏り箇所に近い下の部分からかけます。

そうして、容疑者を絞ったら その部分の処理をします。

上の写真の犯人はドレインでした。雨漏り箇所はここから90cm離れた天井でした

このようにコーキングで処理し、防水等塗装のし直しをします

しかし、このように1回目で見つかる場合ばかりではありません

犯人だと思ったら、実は誤認逮捕だったりすることもあります

そして、また1から仕切り直しです

150119_133635_20150119182215dbf.jpg

雨漏りを放っておくと、主要な構造材(柱や梁)を腐らせ 家全体を倒壊させ

たり、湿気を含んだ木材や断熱材がカビを発生し お住まいになっている方の

健康被害という事になりかねません。

雨漏りを見つけたら お早目のご連絡をしてください

今日のお客様 重要参考人(ほぼ容疑者と思う)を突き止めましたので

これで 止まってくれることを祈ります

因みに 雨漏りの場合は瑕疵保険の対象となりますので 各メーカーや

工務店にお問い合わせいただくと安心です

リフォームの場合も 屋根や外壁交換等 雨水の侵入などに係わる工事の場合

5年の保証までの瑕疵保険に入ることが出来ますので、施工予定の場合各メーカー

や工務店にお問い合わせくださいね


スポンサーサイト



プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR