FC2ブログ

寒さ対策

最近 寒い日が続きますね

打合せ中の S様邸。

キッチンのリフォームとサッシ交換の打合せ中です。サッシの結露がすごく

サッシまわりにカビが発生してしまっています。

結露は室内の温度と外の温度との差があり、室内の湿度が高い場合に

外と部屋の間の壁に結露が発生します。

結露

壁の間は 壁の厚みの分の空気層や断熱材等が入っておりますので

部屋の壁は直接外気に触れていないので 壁ではおこりません

ですので、直接外気に触れる窓ガラスに結露が集中するのです

結露を防ぐためには

① 室内の温度を上げない・・・・これは無理ですね

② 室内の湿度を下げる・・・・・・これは ストーブ等からエアコンに代えれば

解決できます。が、キッチンなどから湿気はでます。

③ 窓ガラスを外の空気に触れさせない

実は これがリフォームの場合一番おススメです

外部と部屋の間に 一つの空気層を足してあげる事でサッシの結露は解消

します。

実際 外気に触れている窓ガラスは内側の湿度の多い空気に接していませんし、

同じく内側の窓ガラスは外気程冷えた空気に接していません。

ですので、部屋のガラスに結露はおこらなくなります

内窓

この上の図のように 内窓を付けたりガラスをペアガラス(複層ガラス)に

する簡単な工事で結露は解消できるのです

尚且つ、空気層が断熱層の役目を果たしているので、部屋の暖かな

空気が冷えることはなく 暖房効率もアップします

ただし、ガラスのみの交換の場合は アルミサッシ本体が外の気温を

伝えてしまうのでサッシ枠本体に結露が起こります

結露防止は「内窓」がおススメです

ガラスの種類にも「ペアガラス」や超高断熱のガラス「真空ガラス」の内窓も

出来ますので部屋の温度は格段と変わる事間違いなし

もちろん夏も外の暑い空気を遮断しますので、エアコンの効率もアップ

おまけに、2重の窓になりますので、防犯対策にもなります


次に寒いのは、床ではないでしょうか?

床下は湿気を防ぐ為に 風通しが良くなっています。通気口があったり

通気スペースがあったりします。そこから冷たい外気が床下の中へ入る為

どうしても、床が冷たくなってしまいます

基礎

こんな感じで 床下の空気は外部の温度と同じになっています

この冷気が直接 床材に伝わる為床が冷たいと感じます。

では、どうしたら良いでしょう。

① 床をはがして断熱材を入れる

② 床下から断熱材を入れる

③ 断熱入りの床材を重ねて貼る

④ 床暖房を貼る

床の貼り換えなどがある場合は 断熱材を入れることが出来ます。

実際 床の貼り換えや 和室から洋室の工事の場合はお勧めしています

P1010014.jpg

② は床下の高さが十分ある場合は施工できます

ただし、大工さんの手間が多めにかかりますので とても良い無垢の床材

以外は①の上部からの方法をお勧めします

③ この方法は LIXILの「ココエコ」で使用する床材を重ねて貼る方法です

インプラス

このように 厚み15mmの床材の中に真空層が設けてあります。真空ですので

熱を遮断しますので、床下の冷気は伝わりません。

この床材を現在の床の上に貼っていきます

ただし15mm床が上がった場合ドアや隣室などに問題が無い場合に限ります

④ 床暖房ですが リフォームに最適な床暖房があります

NODA から出ている 「楽置床暖」です

なんと 厚み12mmですので、こちらも現在の床の上から施工できます

インプラス

こちらは リビングや子供部屋におススメです

まだまだ 色々な方法がありますが また追々ご紹介していきますね

以上 寒さ対策リフォーム方法(窓床編)でした~

ご紹介した 気になる「内窓」情報は こちら ↓

YKK-AP プラマード
http://www.ykkap.co.jp/products/reform/plamadou/

LIXIL インプラス
http://www.lixil.co.jp/lineup/window/inplus/

WOODONE MOKUサッシ
http://www.woodone.co.jp/product/window/mokusasshi/

ご紹介した 気になる「床断熱」情報は こちら ↓

LIXIL フロア・インプラス
http://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/cocoeco/outline/

NODA 楽置床暖
http://www.catalabo.org


スポンサーサイト



プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR