FC2ブログ

バリアフリー玄関編

M様邸 残るところ手摺工事だけになりました

そこで、手すりを付けるにあたって改めてバリアフリーとは何ぞやを考えます。

何がどこに必要か。どんな形が良いのか。


まずは玄関編。

基本的に手摺の高さは床から75cm~80cm(身長差によって)です。

玄関は廊下に上がる時に段差がありますので、それぞれの床面から平行に

取付ます。そして上り框(かまち)に座って靴を履き立ち上がる場合に必要な縦の

手摺があると安心でしょう。

この縦手摺は 入って来た時 廊下に上がる時にも利用しますので低い位置から

少し長めに取り付けると良いでしょう。

tesuri.png

そして 廊下との段差が大きい場合は 玄関に式台を置くこともおススメします。

式台はメーカー市販の物から自作できるものまで様々ありますので 段差や

玄関の広さにあった式台を選びましょう。

tesuri2.png
(TOTO)

注意する点は 式台が動かないように上り框に固定する事を忘れずに

先程 框に座ってと表記しましたが

実は、框に座っての靴の履き替えはお年寄りにとっては大変な作業なのです。

みなさんも

A.isu.png  B.isu2.png

この AtoB ではBのほうが立ち上がりやすくないですか?

このAのように 框に座ったあと立ち上がるのには相当なエネルギーが必要です

ですので ちょっとした 腰掛椅子を置くのが良いでしょう

縁台みたいなものでも良いです。

しかし、椅子を置くスペースが取れない場合も多々あります。

そんな時は、メーカーでも販売している折りたたみのイスがあります

tesuri3.png

tesuri4.png
(TOTO)

tesuri5.png
(NODA)

P4030063_2014122514333372b.jpg
(NODA)

こちらも 転倒防止の為 壁に固定してくださいね

tesuri7_201412251506049e8.png

以上が玄関に必要と思われるものです。

しかし、各家庭の生活様式やスタイル、行動は様々であるため これが最善

という訳ではありません。ご家族が本当に必要なものをチョイスして改良して

付けるのが一番だと思います



スポンサーサイト



プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR