FC2ブログ

モズ

モズって知っていますか?

テレビのドラマ名じゃないですよ

モズという鳥の話です。漢字で書くと百舌鳥と書きます。

百舌鳥

百の下を持つ鳥と書きますが、これがなかなか凄いんです

雀の声、ムクドリの声、十姉妹そしてコザクラインコの声まで真似します

雀の仲間なのですが、昆虫や小動物や小鳥も食べています

夏のあいだは 山間部に生息していますが、秋になると標高の低い場所へ

来るそうです。

そう 来るのです

そして、モズは家で買われている十姉妹を狙いに来ます

一昨年 「おかあさん」がモズにやられてしまいました。

そこで モズ対策の網を制作しました。

DVC00185.jpg

被せてあるある間十姉妹の被害はなかったのですが・・・

最近 十姉妹の置き場所が変わったため 網が入らずに被せていませんでした

そしたら 先日「おねいさん」がモズにやられてしまいました

他の愛鳥家の方も被害に遭うらしく YouTubeにモズの映像がありました

モズ (百舌鳥)が襲う

怖いですね

「おかあさん」も「おねいさん」もこんな感じで襲われたんでしょうね

最近は カゴごとペットゲージに入っています

DSC_0815.jpg


スポンサーサイト



M様邸 お風呂どうぞ

28日に設置したM様邸のユニットバスですが

29日に水道・ガス(給湯器への接続)・電気などの接続が出来き

29日の夜には入ることが出来ました

M様の お父様が本当に気持ちよかったよ~と言って下さり嬉しい限りです

営業担当の片山も満面の笑みで嬉しそうでした

で、その接続風景の一部

DSC_1062.jpg

電気屋さんが換気扇のダクトを取り付けています

DSC_1061.jpg

一般的にはこの点検口から入ってつなげます。

しかし、M様邸は浴室の壁に筋交いを入れ、階段壁の施工がまだなため

このような写真が撮れます。

普段見ることのないユニットバスの天井部分(貴重映像だぞ~

DSC_1060.jpg

ボウリングの上手な神田電気さん。

なんだかカワイイ笑顔です

DSC_1063.jpg

無事接続も終わりました

DSC_1064.jpg

洗面所の工事はこれからなので、壁も扉も付いていないので簡易カーテンで

間仕切りです

DSC_1066.jpg

試運転中

DSC_1065.jpg

ネコちゃんが 始終不思議そうに見てました

「あの部屋は 何なんだろう・・・・探索せねば

ピカっと作戦

前回のPanasonicショールームでのリフォームイベントは悪天候にもかかわらず

沢山のお客様にご来場いただきました

雨の中 ご来場いただきましたお客様 ありがとうございました

そして Panasonic第2弾としまして 11月15日の土曜日、16日の日曜日と

またまたイベントを開催いたします

panaO_201410301308176d6.png

チラシはまだ出来ておりませんが、同じチラシが折り込まれますので

お近くの方は是非ご来場くださいね~

で、少し違うところがありますよ

来場プレゼントが 変更になりますよ。自発光式反射材です。

知っていますか?

pikatto2.png

pikatto2_20141030135946392.png

(例 コイト電工 自発光式反射材) 

静岡県では 平成24年から歩行者の事故を抑止するため 「ピカッと作戦」

を展開しています

暗闇で光る 反射材にLEDのライト等が組み込まれた「自発光式反射材」を

夜道で身に着けるよう推進しています。

pikatto.png

静岡県の推進している「大作戦」 流通業である山清片山リフォーム部も

参加しようという試みです

来場者プレゼントで 「自発光式反射材」を配布したらイイね という話で

では「ピカッと作戦」を応援しようではないかという話になりました

これからは5時になると既に暗くなっています。

学校や塾、仕事の帰り道、ショギングや犬の散歩など夜間で歩く事もあります。

街灯や商店街などの灯りがあれば良いのですが真っ暗で街灯がない所では

道も見えませんが 車から歩行者の有無も見えません。

そんな時 自発光式反射材を着用していると車に自分の存在をアピールする

事が出来ます。

pikatto3.png

pikatto4.png

pikatto5.png

この実験(ピカッと作戦の実験結果YouTubeより)でもわかる様に

反射材なしの黒色の服の10倍の距離でも確認できます。

夜道 安全のために是非「自発光式反射材」を付けましょう

11月15日・16日のPanasonicリフォームイベントでお配りする予定です

是非 ご来場ください


※自発光式反射材を購入されたい方は 静岡県警各警察署受付(交通安全

協会)又は各市町村役場へお問い合わせ下さい。また、ネットやホームセンタ

ー等でもお買い求めできます



UB設置

本日は M様邸のユニットバスの設置です

M様邸はタカラスタンダードのエメロードぴったりサイズです

「ぴったりサイズ」というのは文字通りぴったりに出来るユニットバスです

基本ユニットバスというのはサイズが決まっていますので

1坪サイズ(1616・1717)や0.75坪サイズ(1216)等で注文します

柱の芯から芯の間(モジュール)が910や900で丁度良いサイズになっています

しかし 敷地の状態や間取りの関係で中には浴室のサイズが大きかったり

小さかったりする場合があり、その中に規格サイズを入れると

デットスペースが出来てしまいます。

そこを解消してくれるのが 「ぴったりサイズ」の浴槽です

まあ、お風呂のオーダーメードって感じですね

pittari.png

先ず タカラ特有の架台を設置するところから始まります

141028_085014.jpg

その後で床や浴槽、壁を設置していきます

141028_142453.jpg

そして最後にシャワー等の器具を付け、目地のシーリングをして完了です。

シーリングが乾かないので本日はまだ使用出来ませんが、翌日には入ることが

出来ます

M様のお父様も

「スゴイ風呂だね~。こんな風呂じゃ1日中でも入っていたいよ~」

と 嬉しいコメントを頂きました

明日には入れますので お楽しみに



栗の床、杉の床

N様邸の 建具が吊り込み完了しました

養生も外し 畳からフローリングにした床がお目見えです

141027_101854.jpg

この建具は NODAのスライディングクローゼットドアと長々した名前の建具

開けると 3枚の扉が連動して開くため開口部が2/3と広く使えます

141027_101917.jpg

全面に 家具などを置いてもクロゼット折れ戸の様に手前に開かないので

とても便利な扉で 私は結構お客様にお勧めしています

ちなみに 床の色は大建工業の「日本の樹」栗です。

同じく「日本の樹」杉になります。

141027_101926_20141027215350346.jpg

一方 M様邸は 明日のユニットバスの設置に伴い 大忙しです

141027_161800.jpg

水道屋さんの帰った後電気屋さんがきて配線しまくってます

141027_161838.jpg

ちなみに 傷んだ土台は既に交換済みです

明日が楽しみです


光のお話

今日は ちょっと施工事例をお休みして 雑談です

先日道頓堀のグリコの看板がリニューアルしましたね

guriko.png

5代目までの看板の電飾は蛍光灯が使われていましたが

6代目の看板はLEDに変わりました。

それによって 様々な画像を映し出すことが出来ます

2guriko3.png

2guriko.png

このような事が出来るのは LEDならではです。

実は私 LEDがどうして光るのか どうして色を変えられるのか読んでも

理解できないのですが

とにかく 青色の発光ダイオードが発見されてからLEDの光の3原色が

揃った事で 様々な色の光が作り出されるようになりました

aoiroLED.png

1879年(明治12年) 今から135年前 エジソンによって初めて白熱球が

発見されたのは有名な話ですね

以前の灯りはランプに火を灯すなどしていましたので それからの人々の

暮らしは一変したことでしょう。が、エジソンが今のグリコの看板を見たら

腰を抜かすでしょうね~

で、住宅照明ですが。これもまたLEDのお陰で進化し続けています

今はやりの調光はもちろん建築化照明やエントランスなどの照明も

そうですね

最近はシーンに合わせて 灯りの色を変えられる調色照明が主流になり

つつあります

FIT.png

このように気分に合わせて 照明の色を変えてみたり

FIT2.png

時間によって 色を変えて見たり出来ます。

朝は明るい白い照明で体や気持ちを目覚めさせ 夕方には落ち着いた色

で気持ちをリラックスさせ 体と頭を就寝にむかわせる

そういった使い方もあるそうですよ お疲れ気味の方に最適です


そんな気になる照明 詳しくは各HPで

koizumi
http://www.koizumi-lt.co.jp/product/jyutaku/fitcolor/

Panasonic
http://sumai.panasonic.jp/lighting/symphony/

オーデリック
http://www.odelic.co.jp/index.html


引き続き浴室改装&耐震工事

今日はM様邸 設備工事

給水管(青い管)、給湯管(赤い管)、追い炊き配管(白い管)が

入り混じっています

DSC_1045.jpg

DSC_1044.jpg

天井裏まで伸びています

どこに向かっているのでしょう~

141023_153510.jpg

実は 2階のバルコニーに給湯器を移設しました

今までは(今でもですが)トイレの中に室内設置用給湯器がありましたが

今度は外部に取り付けました。

トイレが広く使える事と思います

大工さんはと言いますと、2階の押入れの耐震工事を施工しています

そして、先日アップできなかったM様のお部屋

ちょっとだけ公開しますね

DSC_1043.jpg

とても素敵に仕上がりました

壁紙や外壁の色を選んでいただいてると

「えっ?その色を選ぶの?」

って時がありますが、いざ施工してみると お客様のセンスに脱帽って事が

多多あります

やっぱりセンスの問題でしょうかね~

もう少しセンスを磨かなきゃデスね


土間打ち

本日はM様邸の 浴室の土間打ち工事です

心配していた雨も 大丈夫で左官屋さんがホットしていました

DSC_1028.jpg

打ちたてのほやほや~

綺麗な仕上がりです

明日には表面が乾くので 大工さんに土台の交換~耐震補強に

入ってもらう予定です

今日は 2階の廊下部分の 耐震補強

141022_165334.jpg

ここはシングルの筋交いです

141022_165300.jpg

このように筋交いの端には 筋交い金物が付いています

金物補強によって柱と梁に伝わった力が キッチリ分散されて伝わります

そして・・・2階のM様の部屋は、すっごくシックな感じの仕上がりになりました

 肝心の写真ですが・・・・・

撮ったんです。清掃してまだ部屋に何もない状態で・・・・

 保存されていなかった・・・ゴメンナサイ

141022_133023.jpg

一方 こちらは先行しているN様邸の洗面所

床下にはしっかり断熱材を入れます。

お風呂で温まっても 洗面で着替えているときに寒かったら

風邪ひいちゃいますもんね

午後 お得意様K様からのお部屋のリフレッシュ相談があり 白熱してしまい

N様邸は 立ち寄らずに M様邸の現場確認へ

途中 本日工事に携わった職人さんたちに話を聞くと

なんと ユニットバスのエプロンが付いていないとの電気屋さんからの

衝撃証言が

エプロンとは浴槽のカバーの部分で ここを外すと給水線などがあり

ここからメンテナンスが出来るのです。

epuronn.png

組み立てた後 水栓に給水給湯、追い炊き配管を接続し最後にカパっと

取り付けます

「N様に連絡し 今行きます~~~

と急行しました。

配管カバーはネジで止めるので スムーズに出来ましたが

問題は このエプロン!

設備やさんはいつも簡単に カパっとハメたり外したりしています

なめてました

ウマくはまらない

結局 N様に手伝ってもらい ハメることになりましたが

なんと N様のがコツをつかみ 簡単に止めていきます

結局私は 出来ないまま・・・・

なんと 恰好悪い終わり方でした

次回ちゃんと 設備やさんに見てもらわなきゃデス




お風呂って大変

先日 ブログをサボってしまってすみません

今日はM樣邸はユニットバス設置

N樣邸は浴室設置工事です

ユニットバスになります。LIXILのキレイユです

DSC_1000.jpg

DSC_1003.jpg

シロアリにより傷んでいた土台は交換し防蟻剤も塗ってあります

ユニットバスの床から施工されていきます

夕方には組みあがりました~

シーリングがまだ乾いていないので今日は入れませんが明日にはです

DSC_1024.jpg

そして和室のクロスも貼り終えました。白くなって部屋が明るく感じます

DSC_1005.jpg

M様邸は 浴室の解体工事です。

同じ年代の建物なので 洗面所までタイルで施工されていますので解体が

大変です

DSC_1009.jpg

しかし そこはプロ

夕方にはキッチリと解体終了しました

DSC_1017.jpg

DSC_1019.jpg

解体してみて・・・やっぱり

土台が傷んでいましたね

耐震壁(筋交いが入る)なので しっかりと交換せねばならないですね



N様邸 土間打ち

昨日 N様邸の土間打ち工事でした。

タイルの浴室からユニットバスに変更する場合

①タイルの浴槽の解体

②コンクリート土間を打つ

③配管の移動、換気扇のダクト付け

④設置

⑤入口の枠取付

⑥配管・換気ダクトの接続

など 基本的な工事としてこれだけありますが 土間はまだ初期段階

DSC_0985.jpg

左官屋さんの井上左官さん。

御年82歳

親方が長年の勘で水や骨材(石や砂))の

量を調整しながら練っていきます。

家の中なので ネコ車(手押し車)で運べませんので、1杯ごとバケツリレー

です。

DSC_0983.jpg


それを トシちゃん(以前アップした隣の田んぼのオーナー)が均していきます

DSC_0984.jpg

丁度 そこへパテの乾く間様子を見ていたクロス屋さんの若い衆が 言葉巧みに

手伝わされてます

言葉巧みに誘ったのは 私なんですけどね

DSC_0987.jpg

土間打ち完了です

いつ見てもきれいな仕上がり~

乾くまで 上に乗れません

DSC_0986.jpg

そしてクローゼットの内装もきれいに仕上がりました

DSC_0988.jpg

先日から 残っていたコレ ↑ 以前の洗濯機置き場の後。

DSC_0995.jpg

やっぱり撤去することにしました。やっぱりスッキリしましたね

ユニットバスの設置は来週月曜日になります。お楽しみに~

一方のM様邸

DSC_0993.jpg

洋室の ボード貼が進んで行っています

そして 可愛い子供部屋ですが、住みながら工事をしている為 写真が撮れない

状況でした~

ゴメンナサイ

パースで勘弁して~

パース2

パース

結構こんな感じですよ~

えっ?見たい?

モザイク入りでちょっとだけなら

DSC_0992_20141017202944412.jpg





プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR