FC2ブログ

トイレ交換のご相談

トイレを交換したいので 見に来て~と

お得意様からのお電話があり行ってまいりました

トイレを交換する場合調べる必要なことが 3つあります

① 排水芯

これは排水管の位置の事で、厄介なことにこの排水芯

製造された年代によって違ったりするのです

② 給水位置

給水の位置はほぼ気にする必要が無いのですが、付属のホース

の長さだったり場所だったりで範囲が決まっています

相当変な場所になければ 大丈夫ですね~

③ コンセントの有無

最近はウォシュレットやシャワートイレ(メーカーによって呼び名が違うので・・・)

を付ける場合が多いのでコンセントは必須ですね

暖房便座にも必要ですし

先ず①の確認からです。

品番は大体トイレの側面の奥に書いてあります。シールが貼ってありますので

そこで見ます。が!

木造の在来工法の場合の一般的にトイレはモジュール(柱の芯から柱に芯

の幅)が90cm又は91cmなので、77cm~78cmです

なかなか見づらいんだよね~

で、登場するのがカメラです

こんな感じです

140916_185610.jpg

140916_185631.jpg

上のタンクやボルトの位置からもから判断も出来ますが

今回は上のタンクは1回交換していたりボルトが見えないタイプだったりで

結局品番からの判断となりました

調べてみると、このタイプはリモデルタイプ

リモデルタイプとは排水芯の合わないトイレでも専用の排水管で接続

出来るタイプの事です。

rimoderu.png

こうなると もう排水芯が解りません

同じ リモデルタイプなら対応できますが、昔のリモデルタイプの偏芯可能

範囲は155~330となっていました

排水位置が200~330の間なら器具取替でなのですが、155~199の場合は

現在販売中のトイレでは対応できないので、床を開けて排水管を移動

しなければならないと思います。

こんな感じで、トイレを交換するだけでも 結構大変なんですよ

これを読んでみて ご自宅のトイレちょっとそんな目で 見て見て下さい

たかがトイレ。されどトイレのお話でした~



スポンサーサイト



プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR