FC2ブログ

M様邸 1階ラストスパート

土曜日の工事

M様邸のラストスパート クロス工事・電気工事が入りました

DSC_0326.jpg

もともとキッチンだったところ。電気屋さんがコンセントカバーを

付けてくれています

P6180010.jpg

これがキッチンだった時の写真です。変わったかな?

DSC_0328.jpg

そして、家電スペースです

P6180009_201406301000388ac.jpg

この部分が家電棚スペースになりました

後は 2階のW・I・C工事のみデス

    

そして 先日はお休みをいただきまして

皆で 焼津の管理釣り場「ジュネス」へ。普段はルアーとフライだけですが

夏季休業前は、エサ釣りになるので 魚肉ソーセージを持って

いざジュネスへ

DSC_0333.jpg

待てども待てども ウキはピクリともせず

今週は第2週目なので、釣りつくされてしまったのか・・・

DSC_0335.jpg

チビたちが楽しそうだったので、まあイイかぁ~

チビの手に注目

魚のエサに買ったはずの魚肉ソーセージが、チビのオヤツになってました  

                                    サイン



スポンサーサイト



M様邸終盤

本日は M様邸にクロス工事が入っています

パラパラと雨が落ちてきたけど、糊付けの機械も中に入れさせて

頂いての作業なので大丈夫

DSC_0315.jpg

前日にパテ(ビス穴や凸凹を平らにする作業)も終わっています

今日は夕方までに、作業が終わる予定です

すご~~く良い仕上がりになると思います 楽しみです

で、2階のクローゼットを広げてW・I・Cにします。

急遽、M様より窓を付けて~のご依頼があり

ストックしていたサッシ(外用でUB用だけど・・・)を取り付ける事に・・・

DSC_0322.jpg

子供部屋になるので落下防止に丁度いい面格子も付いてます

外用で厚みもあるのでなるべく内側に取り付けてもらいました

杉山建築さんありがとうございますね~

火曜日に仕上げのボードを貼ってクロスを貼ります

さてはて、どんな仕上がりになるか。お楽しみですよ


夏の象徴の ひまわりがやっと花開きました

DSC_0312 (2)

ちょっと葉っぱに元気がないのですが

DSC_0313.jpg

こちらは 間引きした苗を お隣の井上左官さんに里子に出した分

日当たりと栄養の差かな? ウチのより元気

                                        サイン


FRPグリット再び

先日の お話の続きになります

センサーで鉄筋の有無を調べるところまで書きましたが

では、鉄筋が入っていなかった場合はどうしましょう

もちろん そのまま壁を増やしても耐震工事はできます



やっぱり 補強はしたほうが安全面では断然良いですね

では方法は?

今主に 行われている補強方法は基礎の増し打ちと呼ばれる方法です

今の基礎に鉄筋を挿してそこに 鉄筋を組んで基礎を足していきます

増し打ち

この方法は 基礎の外側にある程度のスパースがないと出来ません

打てないときは床を撤去して内側に打ちます。

費用的にも 工期的にもかかってしまうのがネックです。

見栄え的にもあまり美しいとは言えないです

そこで

登場したのが 「繊維シート工法」と「FRPグリット工法」です

両者とも 土木の現場で使用されています。

tonnneru.png
FRPグリッドを使ったトンネルの補強

sennishi-to.png
繊維シートを使った補強

先に 耐震工事用の基礎の補強に使用し始めたのは繊維シート工法です

これは今の基礎に 接着剤で炭酸繊維シートを張り付けて仕上げる

方法です。工期、意匠は良いのですが接着剤を使う事で匂いがすると

いう難点があります

で、おすすめするのが今回の FRPグリット工法 です

上の写真のトンネルのほうですね

今まで土木用だった FRPグリットを 建築資材メーカーの城東テクノ

4社による共同開発で 住宅の基礎用に実験開発しました。

FRPグリットは 炭素繊維とガラス繊維を樹脂で成型した繊維強化プラスチック製

の格子です。

FRP (2)


プラスチック~?と思われますでしょうが、FRPは船の船体に使われるなど

軽量で強度があり、劣化しにくい優れた素材なんですよ

これを 基礎にとめて上から 特殊な繊維を混ぜたモルタル(ポリマーセメント

モルタル)で1.5cmほどの厚みで塗っていくだけです。

簡単な施工で、鉄筋の基礎の強度の基礎に 大変身するのです

FRPsekou.png

ただ、施工は簡単なのですが・・・設計・施工には講習を受講した者 という

厳しいオキテもあります

それだけ 製品的に自信があり良い商品という事なんでしょうね~

勝手に施工されて不具合が生じては困りますものね。

人命がかかってますから

そこで昨日、私と齋藤との二人で講習会を受けに行ってきました

話の内容は、開発実験の話から設計の計算や施工手順に至るもの

までみっちり講習してきました

これでFRPグリットが施工できるかというと、まだまだです。

耐震工事を行うには、耐震診断士や左官・基礎屋などの方が係わります

のでこれらの方にも 講習を受けてもらわないとなりません

基礎もそうですが、束や換気部材等 様々な物がどんどん開発されています

束でいうと 以前(ほんの16年ほど前)は束石(四角いコンクリート)に木でした

が、今はほぼ鋼製の束になっています。

このように 建築部材も新しい物・新しい工法に様変わりしつつあります。

良い物は残っていきます。

土木の現場でFRPグリット工法が主流になったように耐震補強の面でも

主流になる商品だと思います(所感ですが・・・

文章が多いブログになってしまいましたが

先だって 良い製品だと思いましたので紹介させていただきました

まだ出始めで、HP情報も少ないのですが
気になる FRPグリットの情報は ↓

http://joto.com/feature/rfkey/rfkey08.html


工務店や設計士の方でFRPグリット情報を聞いてみたいという方

山清片山へご連絡下さい。

                                      サイン



FRPグリット基礎補強

またまた現場は 親方に任せて

今日は 城東テクノの「FRPグリット基礎補強工法」の講習会に

行ってきました

以前にも耐震の話は書きましたが

耐震補強をする場合は ①壁を多くする ②屋根を軽くする ③基礎を強くする

があります。①の壁を多くするのは一般的に行いますが

②の屋根を軽くするは 費用的にもかかりますので

多くの方は壁をより多くしますね~

それでも壁が足りない場合は、屋根の葺き替え工事をしますが

③の基礎はどうでしょう。

その前に基礎の話を少し・・・

耐震の話をする時に必ず出てくるのが 昭和56年以前の住宅

という言葉です。

建築基準法は新潟地震、十勝地震、宮城沖地震を経て

昭和55年に大きな改正がありました

それが新耐震基準です(阪神淡路大震災を経て基準法は現在の

ものになりました)

実は基礎はそれまでは鉄筋を入れなくても良かったんです

因みに、昭和35年以前では凸型の基礎じゃなくても良かったンですよ~

まあ、昔は石だったのですからだんだん進化してるんですけどね・・・

石の基礎

つまり、昭和56年以前の住宅の中には「無筋基礎(鉄筋の入っていない基礎)」

があります。

鉄筋が入っていないと、基礎にヒビが入ったりして

壁からの力が上手く伝わらなくなります。もちろん倒壊の危険も増します

今の基礎

現在の基礎の中には このように鉄筋が入っています。

では どのように無筋基礎か判断するのでしょうか

実は鉄筋探査機(センサー)があるんですよ

sennsa-.png


長くなりましたので、明日本題の「FRPグリット基礎補強」の話をしますね

                                    つづく・・・


どうも 齋藤です。

梅雨の時期に入りましたが、静岡は全然雨が降りません。

でしたが、ここ最近天気予報を裏切る雨がたまに降ります。

先週末に、天気予報じゃ次の週末まで雨が降らなそうだったので洗車機に投入したのですが

拭き上げていたらポツポツ降ってきました・・

今日も天気予報は雨じゃなかったのに午後から降ってきました。

チラシを撒きに行ったのですが、小雨で微妙な降り具合の為、多少濡れながらも撒いてきました。

帰ってたら雨がやみましたけども。

東京じゃ雹が降り積もったり冠水してしまったり、異常気象が多いですね。

こうも自然が狂っているとそろそろ東海地震やら富士山の噴火やら起きてもおかしく無いような気に

なってきます。


という事で耐震工事、まだの方はぜひ山清片山まで

補助金等のご説明もさせて頂きます。よろしくお願いしますm(_ _)m


木材利用ポイント

M様邸の 建具工事も完了しましたので

早速「木材利用ポイント」申請に行ってまいりました

静岡市では2カ所の提出先があります。そのうちの 静岡木材業協同組合へ

木材業協同組合は静岡の安西通り 木材会館の3階に事務所があります

木材会館

築何年の建物でしょうかね~

しかし、何と階段を上がっていってびっくり

DSC_0307.jpg

スゴイ素敵じゃないですか~~ 

早速事務所で手続きをした後 許可を得て会議室の写真を

撮らせていただきました


DSC_0306.jpg

DSC_0305.jpg

DSC_0302 (2)

やっぱり 木っていいですね

山清片山も木と共に120年。もっと 「木使い」の勉強をせねば

そして、木材利用ポイント受付完了です

DSC_0308.jpg

静岡木材業協同組合の皆様 ありがとうございました

因みに 写真は獲れなかったですが、事務所の中も素敵でした


木にまつわる 気になる映画「WOOD JOB]の情報はこちら ↓
http://www.woodjob.jp/

                                   サイン



タカラスタンダード勉強会

今日も T様邸工事が進んでおります

そこのところは 安心してお任せできる大工さんにお願いして・・・

私達スタッフはタカラスタンダードにて勉強会です

メーカーから様々な新商品が出てきて なかなか知識が追い付かない

所もありますが、主要戦力の水廻りメーカの特徴は頭に入れなければ

という事で、タカラの勉強会。

今回は静岡市駿河区のタカラスタンダードさんのショールームにて

担当の藤原さんとショールームのスタッフの方々にお世話に

なりました

takaraST.png

タカラスタンダードといえばホーローです

実はこの看板や外壁もホーローなんですって~

T様邸に立ち寄って、少し遅刻してしまった私・・・コメンナサイ

中に入ると早速 藤原さんがホーローの基本説明です

タカラのショールームに行かれた方は知っていると思いますが

恒例の、ホーローの凄いとこ実験です

今回は叩きはしなかったものの、マジックで書くわ、チャッカマンで焦がすわ

ワイヤーブラシでこするわの実験を一通り。

この実験(?)見るのは 何べん目だろう・・・

でも、毎回変わらずこの実験をするという事は

タカラスタンダードのホーローがすごく完成された商品でメーカーは

絶対の自信があるってことなんですね~

レミュー
そんな タカラスタンダードの最高級キッチン レミューです。

天板には天然水晶を加工したクオーツストーン 素敵ですね~

から

セット

こんなコンパクトの組合せホーローキッチンもあります

まだまだ色々な素敵な商品がありますので興味のある方は

HPで見てみて下さいね~

これからも 色々なショールームのお話も織り交ぜながら

書いて行きたいと思います

次は どこのショールームに行こうかな~

                                    サイン

気になるタカラスタンダードの商品情報は ↓ こちら
http://www.takara-standard.co.jp/

そして、気になる「ホーローのスゴイとこ実験」は 6月29日(日)

takarafea.png

で体感できます お申込はフリーダイアル 0800-111-8030


今日もT様邸

先週に引き続き T様邸木工事中です

先週に設置したキッチンは早速 使っていただいて

「すごく使いやすいよ~」のお言葉を頂きました

私達を信じて ご契約いただくのも嬉しいですが

それ以上に 工事して良かったよ のお言葉が次の活力に

なりますね

DSC_0298 (2)

で、T様邸ですが同時に外部の波板の張替も行っています

貼っているのは 板金屋さんの富田板金さんです

すごく背が高くて イケメンな板金屋さんです。本業は板金なので

先日 母屋の小口の塩ビのカバーが取れて母屋木が傷みかけていたので

板金で巻いてと依頼しましたところ・・・

さすがですね~

1枚の板から パチパチと切り出してオリオリして

パパっと作ってしまいました すごいです

まあ、それ以外にも樋を付けたり 先日は雨水タンクの取付まで

頼んだりしてしまってます ありがとね~~

・・・とにかく 今日は波板です

P4040004_2014062316120648d.jpg

これが張り替える前の波板です

DSC_0300 (2)

こちらが張り替えた後。すっごく明るくなりました

DSC_0301 (3)

そして T様からビワを頂きました

いつも頂いてばかりで・・・ありがとうございます

                                    サイン




壁ぶち抜き大作戦!の巻

今日は M様邸・T様邸共々 工事です

職人さんに連休はないのです なので我々も頑張らねば!

まずはM様邸 「壁ぶち抜き大作戦」です!

前回 アウトセットのレールを取り付けた壁を抜いて 枠を付けていきます

DSC_0302.jpg

DSC_0303.jpg

拡大するとこんな感じですね~

柱と枠の間の溝には 「ケーシング」という飾り(?)をはめ込みます。

この「ケーシング」 L型の飾りなのですが、よく扉の枠に重厚感を持たせる

時に使用しますが、リフォームではカバー材として使用する事が多く

なかなかの優れものなのです

で 完成した写真がこちら

DSC_0290 (2)
和室側から

DSC_0291 (2)
洋室側から(ケーシング)で素敵に仕上がったでしょう?

DSC_0288 (2)
なんと上げ下げになっていますので開けて風だけを通せます

DSC_0289 (2)
ちなみに 開けるとこんな感じです

M様の奥様も

「こんな素敵なのが出来るとは 思わなかった~~~

と嬉しいお言葉を頂き 大満足でした

ひとえに 大工さん、建具屋さんのお陰様様ですが・・・

ありがとうございました。

で、一方 T様邸では

今日はクリナップの職人さんがキッチンの設置を行っていました

設置完了後、ガス屋さん水道屋さんが次々にやってきて

ガス管、水道排水管の接続をしてくれました

DSC_0295 (2)

こちらは接続が完了した水道屋さん 渋川設備さんの後ろ姿

「よし!完璧!やるじゃんオレ」

と自画自賛していました

「自画自賛するんは、お年を取った証拠だよ・・・」

と突っ込みをいれましたが、こんな渋川設備さん 顔写真がないのが

残念なくらいの イケメン水道屋さんです(お客様に大人気デス)

DSC_0297 (2)

完成したキッチンがこちらです

T様邸工事は まだまだ続きますよ~

T様 来週も宜しくお願いしますね m(_ _)m フカブカ~

                                    サイン


塗装工事


梅雨の時期は結構好きな季節と感じている 片山 です。



あまり好きではない人が多いのではと思う梅雨ですが、

まだ、真夏のように暑くはないこの季節、数年前から

好きになりました。その理由は、蛍。

実家は愛知なのですが、あちらに住んでいるときは蛍が

見られるという話はもちろん、蛍の話題が出ることは皆無

でした。静岡に来て初めて蛍を見たときは純粋に感動しま

した。大人になって本当に感動することが少ない中、心揺さ

ぶられた衝撃的な出来事になりました。

それからは、この時期になると、正確には夕暮れになると、

あの感動が少し蘇ってきます。湿気で服が肌にまとわりつい

ても、夕暮れの風が吹くと、爽やかな感情が心を満たします。




が、仕事は別。雨が降らないように祈りつつ、現在塗装工事を

させていただいてるM邸で屋根の塗装をチェック

以前、高圧洗浄して塗装が取れた状態でしたが、

001_2014062018381425b.jpg

今日は、下塗り+1回目でこんな感じになります。

もう一回上塗りをして完成です。

011_20140620184046fbd.jpg

静岡市は今のところ雨が少ないですねー。
プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR