FC2ブログ

耐震補強工事の受付が開始します

30年度の耐震補強工事の補助金申請の受け付けが

4月19日より始まります。

今年か少し補助金の概要が変わります。以前は耐震補強診断・計画

と耐震補強工事と補助金は分れていましたが 30年度からは耐震

補強計画~補強工事まで一貫しての補助金となります。

静岡県では、詳しい内容はまだ発表されておりませんが 発表が

有り次第お知らせいたします。

同じく非木造住宅や非住宅の耐震補強工事の補助金も4月19日

から受け付けが開始します。

その他 ブロック塀の耐震化や耐震シェルターの補助金も開始。

それぞれ予算がなくなり次第終了となります。シェルターの補助金

枠は4件となりますので、お早目に!

耐震の相談から工事完了、補助金の受領までの流れは下記を

参照ください

耐震の流れ
《クリックするとPDFが開きます》

耐震補強工事のご相談は 山清片山まで 054-246-3112
スポンサーサイト



住宅ストック循環支援事業はじまりました

以前からブログで書いています 「住宅ストック循環支援事業」が始まりました。

もうすでに事業者登録を済ませている工務店さん、業者さんも多いはず。

そして、対象とする工事も始まっている物件もあるでしょう。

補助金の申請は来年の1月18日からになっていますが、対象工事は予算成立日

10月18日以降に工事着手や契約したものになります。

建替えやリフォームを行う予定のある方にはとても関心があるようです。

住宅あんしん保障 発行の「あんしんニュース」の中にデーターがありますので

是非参考にご覧になってください。

住あんニュース
クリックしてください

リフォームを考えている方、建て替えを考えている方、中古物件購入を考えている方

この制度を 覚えておいて損はないですよ

そして、工務店さんや業者さん、不動産屋さん。

お早目の事業者登録を

住宅ストック循環支援事業に関する詳しい情報は こちら ↓
https://stock-jutaku.jp/



木造住宅の耐震補助金

木造集宅の耐震補助金がアップしました!

耐震補助金
<クリックするとPDFが開きます>

今までの補助金に 30万円上乗せされます。

耐震補助金2

「高齢者等割増」は その家に住んでいる方が全員65歳以上、又は障害者が

いる世帯になります。

通常世帯でも60万円の補助金が出ますので、耐震補強工事費の多くをカバー

出来るのではないでしょうか?(工事内容によります)

現時点では申請の受け付けが28年12月8日より、2月末までに完了報告が

出来る物件に限られます。

来年度の予算は未だ不明ですので、耐震工事を考えている方はご相談ください。

では静岡市では どのくらいの家が耐震化されているのでしょう?

静岡市の目標では「27年度末までに90%以上」を目指していました。

耐震補助金3

第2次静岡市耐震改修促進計画 より

この表は静岡市の住宅の耐震化率を表したものになります。

一番右下の数字を見ると88.9%となっています。静岡市のほぼ目標ですね。

しかし、昭和58年5月以前の住宅数です。

全戸数42,000戸のうち耐震性有の住宅22,700戸

言い換えれば、耐震性のない住宅は19,300戸。56年5月以前の住宅の46%

になります。全体の耐震性率に比べ大きく差があります。

では、なぜ約半分もの住宅が耐震補強をしないのでしょう。

耐震補助金5
<TOKAI-0 ホームページより>


このアンケートのように 800人の方が「資金不足」と答えています。また、別に

「耐震化を進めるために行政にしてほしいことは?」の質問では「補助額を増やして

欲しい」という意見が大半を占めました。

では、一体耐震補強工事とは どのくらいの費用がかかるものなのでしょうか?

耐震補助金4
<TOKAI-0 ホームページより>


この表は耐震補強工事を行った980戸の 工事費用を集計したものです。

表を見ると 平均値は156万円。

100万円以下で施工が出来たという住宅は373戸もあり、全体の約40%です。

平均金額の150万円以下の住宅は648戸。全体の約70%です。

殆どの家が150万円以下で補強工事が出来るのが分ります。

そして、話は文頭に戻りますが

耐震補助金の上乗せで 60万円~95万円が補助されます。

耐震診断で自分の家がどのくらいなのか、補強計画(補助金があります)+見積で

どのくらいの費用がかかり、いくらの補助金が出るのか把握してはいかがでしょうか?




住宅ストック循環支援事業補助金

本日より 「住宅ストック循環支援事業補助金」 の事業者登録が始まりました。

この事業者登録をしないと 補助金の申請が出来ません

申請タイプはA~Eまでの5種類あります。

A・Bは既存住宅の購入 Cはエコリフォーム D・Eはエコ住宅への建替え

それぞれの事業者は、補助金の申請をするそれぞれのタイプに登録します。

全ての事業を行っている工務店は、3タイプの事業者登録を行います。

先ず 補助金の事務局 https://stock-jutaku.jp/ へアクセスします。

事業者登録

それぞれ事業者登録をするタイプのボタンをクリックします

事業者登録2

事業者登録ボタンはページの一番下にあります。

そこをクリックして 必要情報(担当者名、メールアドレス)を入力します。

事業者登録3

ここをクリックして再度事務局のHPにアクセスします。

ここまでの作業で 「アカウントの発行依頼」完了です。

その後の作業や詳しい説明はこちらの説明書をご覧ください。

事業者登録の手引き


補助金の内容確認と事業者登録はこちらから

バナー




住宅ストック循環支援事業はじまります

国土交通省 10月18日に2次補正予算にもりこまれたリフォームに関する補助金

の内容を発表しました。

新しい補助金は「住宅ストック循環支援事業」に基づくもので、

①エコリフォームに対する支援

②エコ住宅への建て替え

③既存住宅の流通に対する支援

この3種類になります。

①エコリフォームに対する支援では、

●自ら居住する住宅について施行者に工事発注して、エコリフォームを実施する事

●エコリフォーム後の住宅が耐震性を有する事

●施行者が事業者登録後に着手する事

該当工事は、従来の省エネポイントの内容に加え劣化対策、耐震補強工事が

追加。

補助限度額は30万円/戸(耐震改修を含む場合は45万/戸)

劣化対策工事に関する場合、リフォーム瑕疵保険への加入が必須となる。

②エコ住宅への建て替え

●耐震性を有しない住宅を自らが居住する住宅へ建て替えをする事

補助金額は 住宅性能によって異なり、補助限度額はBELS★★★★以上で

50万円/戸となっています。

③既存住宅の流通に対する支援

●40歳未満の者が既存住宅を購入する事

●インスペクションの実施及び瑕疵保険の加入が条件

●平成28年10月11日以降に売買契約を締結し事業者登録後引渡

補助限度額は50万円/戸(耐震改修を伴う場合は65万円/戸)

となっている。

いずれも 施工業者の事業者登録が必要で 事業者登録期間は

平成28年11月1日~平成29年3月31日までとなります。

事業者登録は28年11月1日より専用HPに開設されます。

いずれも、インスペクションや瑕疵保険、性能評価が必要になります。

こちらの情報は山清片山が取次店となっている「住宅あんしん保障」で取扱って

います。

詳しい情報は 山清片山へ お問合せ下さい。

詳しい情報は 国交省HP ↓
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000121.html

インスペクション、瑕疵保険、性能評価の住宅あんしん保障HPはこちら ↓
https://www.j-anshin.co.jp/


プロフィール

やませいリフォーム

Author:やませいリフォーム
山清片山リフォーム部
静岡市葵区竜南3丁目16-18
TEL 054-246-3112
フリー 0800-111-8030
  

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
お問合せ
相談・お問い合わせはこちらのメールフォームにご記入いただくか   フリーダイアル0800-111-8030 へお電話ください

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
おすすめ情報
logo.png syouene logo.png logo.png logo.png logo.png syouene logo.png logo.png syouene
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR